Recent entries
2010/01/01 (Fri) そして...Vol.3へ...
2009/12/31 (Thu) 年の瀬を迎えて
2009/12/29 (Tue) テサム12話@KNTV
2009/12/27 (Sun) テサム第11話@KNTV
2009/12/24 (Thu) テサム第10話@KNTV
2009/12/21 (Mon) テサム第9話@KNTV

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラスベガスをいよいよ去る時が来たようです...

Img0402_20090811151648_3.jpg







ジョンへ(エイミー)が何者かによって拉致されてしまいます。
しかし結局はジョンへの父がしかけたものだったとわかり
ジャクソン・リーは涙を流しました。

ジョンウはテヒョクとラスベガスで再会。
自分の魂まで売った見返りが裏切りだった事はチャン会長にもテヒョクにも
これから自分の中に流れる醜い根性を見せつける事になると告げました。

テヒョクはどのような事をしても良いがスヒョンだけはダメだとジョンウへ言い放ちます。
その言葉の意味をジョンウは...後々知る事となるのですが...


ジョンウとのドライブデートのおかげで自分の企画案にヒントを得て...
それが認められたスヒョン...
スヒョンのとびっきりの喜びようは...きっとユリちゃんのアドリブなのでしょうね...(笑)

20091221-001.jpg

そしてそれをきっかけとするかのようにスヒョンにはグッドニュースとバッドニュースが舞い込みました...

20091221-002.jpg

グッドニュースは正式に太陽のサーカスに採用されたということ...
そしてバッドニュースはアジア公演の企画のメンバーとしてラスベガスを去らねばならないことでした。

すべてはテヒョクが「太陽のサーカス」との提携事業を勝ち取った末の策略でもありました。
スヒョンはそのような事と気付いていたのか気付いていなかったのか...

そんなスヒョンは再度ジョンウと待ち合わせて食事をしました。

20091221-003.jpg

正式に採用された事をお祝いするものの
明日にはラスベガスを発たねばならない自分の状況を話しました。
しかしジョンウから返って来た言葉は...

「どこにいても…願いがかなうといいね...」

他の言葉を待っていたスヒョンでしたが、スヒョンが期待する言葉はやはり聞けないままでした

「心を開いたら癒してあげたいけどその気はないわね…」

そうサンミとの会話でジョンウの事を話していたスヒョンでした。
ここできっとジョンウの心を開いてほしかったに違いないのです。

ですが一方のジョンウは

「誰も好きになる資格はない」

自分の父の事を知ってしまったジョンウは自分でも自分が怖ろしいほどの人物であるから
そのように心を閉ざすしかなくなっていたのです。
スヒョンの事はどうしても忘れられないのに…



20091221-004.jpg

何も心を開かないジョンウにスヒョンは手を差し伸べ二人は握手をしました。
別れ際にジョンウに抱きついたスヒョンが印象的なシーンでした。
スヒョンの押さえる事の出来ない感情を知り得る場面でした。

s0806syr-46_ilsses[1]

「送っていくよ」と言うジョンウの言葉を断り、一人家路に着いたスヒョン…
離れた後の二人の様子は...
あのきらびやかなネオンの下で一人寂しく歩くスヒョンの姿にも
警護休憩室で一人座り込み涙していたジョンウの姿にも
どちらの姿にも愛の形が見え隠れしていました。

リアルの時には見えなかったジョンウの涙...
今回の放送を見てジョンウから流れた涙にchocoえらく感動してしまって思わず涙でした。

リアル視聴の時涙を流しているのは見えてなかっただけに...
今回あのジョンウが涙を流すほどスヒョンの事を思う心が描かれていたんだと知り
ちょっぴり心が熱くなりました…

スヒョンが離れてしばらくしてテヒョクと改めてすれ違いざまに会ったジョンウ。
テヒョクはそんな傷心のジョンウにスヒョンの事を話しました。
太陽のサーカスのアジアパートナーの事、スヒョンがその公演を任されている事…
どう考えてもテヒョクはジョンウの元からスヒョンを自分の力を利用して引き離したと宣言したようでした。

そしてスヒョンは自分のワイフとして済州島に来るだろうとまでも言ってしまう所が.........
そこまで言う必要はあったのでしょうか...
う~~~~ん;;;;

さらに傷心のジョンウでしたがとうとうチャチャボ王の警護も緊急体制となりました。
テロから守るために銃撃戦、カーチェイスまで披露され…
ジョンウが生死をかける仕事に就いている事を改めて知ることになりました。

以上がラスベガスでの出来事...
済州島では...

ヒョン刑事の捜査がどんどんと身に迫ってきていたのを知るチャン会長。
遂に自分のアトリエにまで足を踏みこんできたヒョン刑事を処理するように
ペク室長に指示します。
そしてヒョン刑事はある晩、刃物で襲われてしまいます。


ドラマの中でスヒョンもジョンウもとにかくすごく好きというのではなく
お互い心惹かれている様子がその目つきであったり行動であったりに現れていました。
9話ではスヒョンがサンミにジョンウの事を初めて話ましたね。
そしてジョンウはスヒョンへの気持ちは常に語ることはなく、押し殺すばかりです。
ほんの少しのセリフの中に込められた二人の愛情表現が聴き逃せば、見逃せばわからないくらいに
ささやかに描かれていて...
そういう愛情でしかジョンウはスヒョンを愛せないという事もわかっているのに...
どうして?どうして?とついついドラマを見ながら思ってしまうんですよね...

Img0402_20090811152112_1.jpg

あの時のスヒョンからのハグは…
いろいろな意味を持つ言葉よりももっともっと大きな表現だったと感じています。






テーマ:太陽を飲み込め - ジャンル:テレビ・ラジオ




チョコさ~ん
 こんばんわ

 あの企画案が認められた時の喜びようはそう、きっとユリちゃんのアドリブですよね。凄く可愛い喜びようで、そのあとに何でもなかったかのようにすまして歩いてておかしかったです。(笑)

 リアル視聴の時は、ジョンウのスヒョンに対する感情を押えた演技にじれったさを感じてたけど
今こうして見るとそれでも精一杯、好き、好きオーラが二人の瞳の中に現れてるんですよね。お互い近づきたいけどできないし、再会できたのにまた離れなくてはならなくて切ない二人ですね。
 スヒョンのハグはいい感じですよね、率直でストレートな想いと無理に押し付けようとしない優しさが漂っていて・・・。

 アジア公演のメンバーに選ばれたのはテヒョクが絡んでいると感じたはずと思いますが、正職員になれた喜びの大きさにかき消されてしまったような気がしました。

 
【2009/12/22 00:23】 URL | なかちゃん #-[ 編集]
なかちゃん~~(@^0^@)ノ彡☆゜・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜

いつもいろいろとコメントありがとうございます^^
毎回本当に文通のようで楽しく読んでいます。
そしてお返事が毎日書けなくてミアネ~~

リアル視聴の時と最近はかなり違う感覚になっていたんだけど
なかちゃんもそう書いてある通り、言葉がわかる分、そのほかの表現からも感じるものがさらに増えたような感じです。
だからラスベガスでのデート以来ジョンウとスヒョンの関係、本当に心にぐっときています。
今回のスヒョンのハグは最高でした。
何もできなくて何もしないいえ、何もしてはいけないと思うジョンウの気持ちもわかっちゃあいるんだけど...
ジョンウの固い決心が本当にこのハグの時に見えましたね。
だけどその後流すジョンウの涙で心の固さがほぐれました。
正職員になれたスヒョン...今後の心の動きがセリフとともに気になるところです。

【2009/12/22 15:40】 URL | choco #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat! Vol.2 -2009-, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。