Recent entries
2010/01/01 (Fri) そして...Vol.3へ...
2009/12/31 (Thu) 年の瀬を迎えて
2009/12/29 (Tue) テサム12話@KNTV
2009/12/27 (Sun) テサム第11話@KNTV
2009/12/24 (Thu) テサム第10話@KNTV
2009/12/21 (Mon) テサム第9話@KNTV

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



お待たせしました!!!
昨日の続きのインタビュー後編です^^






(昨年の昨日今日は...Fin.K.Lに震えていました。ユリちゃんのすべてはここから...この曲から始まりました)

本当に毎日冷えますね~~~
しかしながらユリちゃんの事となると...心は温かくなります...
昨日の続きお待たせしました~ごゆっくりどうぞです~~~~

20091218-006.jpg

"先輩らが7-8年以上演技をしてみてこそ内面空白もでき自分だけのスタイルもできると言われました。その時まではあれこれしてみろと。自分だけの笑いを選び出す時間だと。今や少しわかりそうです。"

たとえ低予算の小さい映画であり,興行も大きい成功を収められなかったがチャン・ヒョクと共演した映画'うさぎとリザード'はスクリーン デビュー作というものでなくともソン・ユリ自身には意味深長な作品になった。この映画でソン・ユリが引き受けた役割は両親を探して,韓国を訪問した海外養子出身女性'メイ'だ.韓国で簡単に探した血縁の叔母はメイに幼い時期交通事故でご両親を二人とも失ったという事実を伝える。メイは"なぜ私を捨てたか"と尋ねる。嗚咽して,感情を爆発させてもだめでまったく心を閉じてもだめな人物がメイ。心の深いところに傷を大事に持って生きていく静寂で静かな女であった。目つきと表情で繊細な心理変化を表現しなければならなかった。

"監督様と初めて会った時に私が軽率にふるまうような腕白なスタイルであると思ったのに予想外にも物静かだとおっしゃいましたよ。"

ドラマで大部分の役割はほとんど,ロマンチック コメディーの女主人公の役割を抜け出さなかった。陽気で明るくてエネルギーあふれる人物だった。反面今回の映画での役割は既存のイメージとは完全に違った。変身は成功的だった。例とは違って'よく合う服'であったし,ソン・ユリは演技の幅をひとつ広げた。

"20代にはあれこれたくさんひろげるのが重要なようです.最大限多くの場の数を敷いておくんです。30代はそれらを一つ一つ消しながら自身の道を探さなければなりません。"

若かった時は離別と出会いを繰り返しながら,傷も受けたが今は恋愛も一層成熟した関係でしてみたい。結婚をはやくするつもりはないが三十五を越したくはない。

理想?まだ一度も変わらないようです。なごやかで暖かい男.寄りかかれる'兄さん'のような男性が良い。幼かった時,腕が長いと'カン・ドンヒ'(バスケット選手)や'猿'というニックネームで呼ばれたというソン・ユリ。"30代が期待される"と言った。誰にでもそうであるようにその年齢ぐらいには仕事も,恋愛も何か成し遂げるはずだからというのだ。



自分の道を探すのが30代で...
一層成熟した恋愛もしてみたくて...
35までに結婚???あと5年しかないじゃん…(笑)
仕事も恋愛も成し遂げるはず...そんな30代...
期待される30代まであと3カ月となりましたね~~~^^

ユリちゃんのそのような話を聴いてるだけでもう...
こちらまで心が空回りしちゃいそうです…
期待が膨らみすぎて~~~心がふわふわしちゃいます~~~(*^^*)(*^^*)(*^^*)

テーマ:ソン・ユリ - ジャンル:アイドル・芸能




チョコさ~ん
 こんばんわ

 30代まであと3ヶ月早いものですね。35歳まで後5年・・・多分あっという間でしょうね。
30歳になったユリちゃんがどんな姿を見せてくれるのか・・・。
次期作品とともに期待が膨らみます。
これからはユリちゃんの恋の噂も届くようになるんでしょうね。
どうか素敵な恋をして幸せな家庭と仕事を両立できるような人を選んで欲しいです。
ず~~と、ず~~とユリちゃんの活躍を見ていたいですから。

 しかし「猿」ってニックネームなんてつけられてたんですね。
今は首すじや手や脚が長くて長所だと思うけど子供の頃は
成長の途中でバランスが悪かったのかな?

 メイは、感情を爆発させてもだめ、閉じてもだめ、難しい役どころですね。また映画に挑戦してほしいです。
これからのソン・ユリの余白の美・・・楽しみです。
【2009/12/20 22:36】 URL | なかちゃん #-[ 編集]
なかちゃん~~(*^O^*)こ(*^_^*)ん(*^ー^*)に(*^ー^*)ち(*^〇^*)は

届いてほしいような欲しくないようなユリちゃんの恋の噂。。。
だけどなかちゃんの言うとおり...ずっとずっとユリちゃんの活躍を見ていたいから...
ユリちゃんの幸せになれる道をずっと応援しながら恋に、家庭に仕事に...燃えて挑むユリちゃんを見続けて行きたいです。

「猿」とはね...いかがなものかしら...
きっとおてんばだったって言ってただけにその動きとオーバーラップさせられたのかなぁ...(笑)

本当に次期作楽しみでしかたないです。余白の美...もしっかりと描き出されてしかも魅力いっぱいに溢れる女性の役で...
私たちの心をさらに動かす作品で...
と語り出したらきりがないほどですね~
ファンがこんなに欲を出して良いものでしょうかね...(^^ゞ

【2009/12/22 15:35】 URL | choco #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat! Vol.2 -2009-, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。