Recent entries
2010/01/01 (Fri) そして...Vol.3へ...
2009/12/31 (Thu) 年の瀬を迎えて
2009/12/29 (Tue) テサム12話@KNTV
2009/12/27 (Sun) テサム第11話@KNTV
2009/12/24 (Thu) テサム第10話@KNTV
2009/12/21 (Mon) テサム第9話@KNTV

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




南浦洞でのユリちゃんとの出会いが一番近い場所で観覧したポイントでした...






地下鉄での帰り道は夕方からの行事に備えて各自ちょっとした睡眠を取りながら...
海雲台で地下鉄を降り、歩いてホテルまで戻る途中に~~~
有名な屋台ストリートもずらずらと歩き~~~
小腹が空いた我々は屋台のおでんをぱ~くぱく.....
釜山のおでんは有名らしいです...

本当に少し肌寒い時間帯にもなってきていておでんの美味しい事....
ついついもう一本と手を出しながら~~
幸せの余韻に浸りながらの食べ歩きでした...

ユリちゃんもこうやって屋台でおでんをつつきたかっただろうな...
差し入れしてあげても良かったなぁ~~
(今だから言える事...その時はいっぱいいっぱいでそんな事も考えられません...)

ホテルへ戻っていよいよ映画館へ...
皆さんからお預かりしたメッセージたち...
昨夜ユリ友たちと一緒に作ったプレゼントたち...
そして各々各自が用意したプレゼントたちをしっかりと持って会場へ向かいました。

20091009-PIFF006.jpg
(このように校正してから印刷し、ファイルにしてチョコレートと共に贈り物ボックスに入れました~~)

20091008PIFF20009.jpg
(こちらが会場となるMEGABOXが入っているビルです...MEGABOXは6階に位置していました)

会場となる映画館はシネマコンプレックスとなっておりファッションビルと同居しています。
1階には大好きなSKINFOODも入店していました(*^^*)
珍しく表だってユリちゃんの広告も存在していましたよ^^

20091008PIFF20010.jpg
20091008PIFF20011.jpg

会場へ着くともう~~待ちきれません....
すぐに映画館のある6階へと向かいました。
ある程度の人だかりもあって...ですがまだまだ館内は整然としていました...

ここでソウルでお会いしたスムさんとそしてギャラリーのピダニ~ちゃんまたもう一人のユリちゃんファンの3人と落ち合う予定...
ピダニ~ちゃんは私たちの映画のチケットまで手配してくださいました...

実はここで問題が発覚...
スムさんとチケットについて事前に話していたのですが思わぬ行き違いがあって...
チケットが1枚足りないということになったのです~~~~
chocoもう顔面蒼白.....ここまで来て映画が見れないかも.....
もちろんチケットはすべてsold outしてしまっています.....
スムさんと二人で慌てていると....
冷静なピダニ~ちゃんが...1枚余ってるよ.......なんて言うもんだから~~~~
そんな事あり得る????もう半信半疑ですよ....
女神がいるいるといってもユリちゃん女神は私たちのチケットにまで魔法をかけていたみたいです.....

思わぬ冷や汗をかいていたchoco....
スムさん達と歓談していると南浦洞でお会いした女子大生の彼女たちもやってきてまたまたにっこりご挨拶....
そしていつもお邪魔しているサランバンのメンバーの方々たちともお会いできました~~~~
ギャラリーに来ている高校生の男子ファンにもお会いして~~~
ここでスムさんお待ちかねのチョコレート披露会やら...
ピダニちゃんが持ってきてくれた一眼レフカメラ用のフラッシュを取りつけたり...
(このおかげでお写真が何とか撮れました~本当にピダニちゃんありがとう~~~
とにかく周りがどんどんと人も膨れ上がって忙しい感じです...
そうこうしているうちに入場の時間となりました。
ところが入り口でカメラが没収され....またまた顔面蒼白です....
しかしながらスムさんが冷静に映画を見終えたら返してもらえるからguest visitの時間は
カメラで写せるから心配しないでと........

韓国で初めて見る映画が...
釜山国際映画祭でのワールドプレミア作でもあり
一般公開に先駆けてのGUEST VIST付きの上映会でもあり....
そしてユリちゃんもこの日初めて出来上がった作品をご覧になるという日でもあったようです...

私たちが座った席は前から2/3ほど来たところでしょうか2本ある通路の右側の通路寄りの席でした。
そして浮き浮きと座って待ってましたら場内が何のアナウンスもなく暗くなって....

グッドダウンロードキャンペーンのCMが流れます~~~

場内が暗くなったと同時にchocoが気にしていたのはユリちゃんが観覧するかどうかというところです。
目を凝らして出入り口を見ておりましたら監督さまとチャン・ヒョク氏らしき人が中央通路から2列目の真ん中の席に座られました...
オモオモ....ユリちゃんだけいない(TーT)と思っているとまたまた見慣れたハン君の姿が...
そのあとに続いてユリちゃんがさささ~~~と入ってきて監督さまとチャン・ヒョク氏の間に
ひょこっと座られましたね~~~~

choco映画が見たいのにユリちゃんも気になって......気が気じゃない映画鑑賞になっていました....

そうこうしているうちに映画は....ユリちゃん扮するメイのナレーションで始まりました....
英語そしてハングルでのナレーションでした....

そしてまたまた嬉しい事に英語字幕まで付いていて~~~~~
ハングルを聞きながら英語字幕で理解するchoco......
事実...セリフの少ない映画でもあることからとても英語も難しい単語もあまりなく~~~
理解がハングルのみよりは倍以上に広がりました~~~

しかしながら字幕を追っていると美しいユリちゃんの表情を見逃すし...
ユリちゃんの表情ばかり見ていればストーリーが危うくなるし....
しかも前方に座って映画鑑賞しているユリちゃんも気になれば~~~
体一つじゃ足りない映画鑑賞です....

ですがユリちゃんは身を乗り出して映画を見ておられました...
監督さまとチャン・ヒョク氏は深く腰掛けていたけれど~~~
ユリちゃんは前傾姿勢でじっくりとご覧になっていましたね....
そんな姿を見るだけでも幸せ満開です~~~@^^@

100分とちょっとの上映時間...長いようであっという間です。
タイトルである「うさぎ」と「リザード」この関係は映画の後半本当に最後の部分で繋がります。
途中ユリちゃんの入浴シーンもありハラハラドキドキもしましたが.....
全体的には静かな時間が流れて...でも時々笑いが起こりました...
ウンソルが可笑しかったり、メイが可笑しかったり.....
私にはわからない場面でも韓国の方々は笑っている場面もありました。
そうなんです...メローとか言いながら笑える場面があったりもして.....

ウンソルのタクシーには赤いうさぎのマスコットが乗っています。
ウンソルがメイの両親を探す代わりにメイには赤いうさぎを探してくれと頼むんです。
これは予告編に出ていたセリフにあったかと思います。
どうして赤いうさぎなのかは...映画を是非見てほしいと思います。
(本当に日本公開東京だけでもいいから一部上映館で上映してほしいですね....
そして願わくは...DVD化されると嬉しいですね^^)

最後の結末....実はまったくchocoは大きな勘違いをしていて....
映画を観終わった後にユリ友たちにしっかり解説をしてもらって納得したのですが
まったくわかってるようでわかってない鑑賞をしておりました...
なるほど~そういうことだったのか....
思い込みは怖いですね...勘違いも怖いです....
そんな事もあってかもう一度いえ、それ以上まだこの作品を見て見たいです。

映画が終幕に近づきテロップが出始めると周囲の人たちが動き出すんです。
私はテロップの最後までゆっくりと腰掛けてみたかったのですが周りが動き出すと
プレゼントやら写真撮影の準備やらの方に気を取らねばなりません.....
まだまだゆっくり見たかったのにちょうどテロップの部分は残念ながら見る事ができませんでした。

そんな時ユリちゃんをちらちら見て見るとまだ身を乗り出して映画をご覧になっていました。
最後の最後までしっかりと座って...
そして最後の方で手を叩いて笑っているんですよ....
ちょうどテロップとともにスタッフのスライドショーも流れていたから....
現場の事を思い出して笑っているのかと思っていましたが...
「衣装協賛 ソン・ユリ」
こちらのテロップを見つけて笑っていたのではないかと思います...

本当にこの日ユリちゃんは初めてこの映画を鑑賞されたんだと...確実に思わせた一コマでした。

映画の上映が終わると拍手です...
私もたくさん手を叩きました....本当にユリちゃんがこれで映画俳優となった瞬間です!!!!!!

映画が終わってしばらくするとGUEST VISTという観客との対話コーナーが設けられました。
ゲストである監督さま、チャン・ヒョク氏そしてユリちゃんの3人は私たち観客の質問にどんどんと答えてくださいます。
質問があれば手を挙げて、司会者から選ばれるとマイクを手にしてゲストに質問をするんです。

その距離感の近さは...考えられないほど素敵でした。
韓国語を話す事ができれば私も質問してみたかったですね...

まずはその対話の時間の様子を写したメディア記事の写真から~~

200910091939107659660A_1.jpg
200910091940517701914A_1.jpg
200910091940517701914A_2.jpg

そしてchocoが撮影したお写真がこちらです~~~

20091009PIFF0070.jpg
20091009PIFF0076.jpg
20091009PIFF0077.jpg
20091009PIFF0083.jpg

とにかく映画館に照明がつかないんですよ...
本当に薄暗い中での対話コーナーでした...
このお写真で見るとユリちゃん笑顔が出ていますが
ほとんど終始真面目なお顔でした...

20091009PIFF0089.jpg

敢えてそのような真面目なお顔をUPしてみますが....
本当に初公開されたこの映画を持って舞台の前に立つのはどれほど緊張されたことでしょう...
観客との対話の時間では本当にピンクルの話題から映画のディテールな事まで様々な質問が
出されていたようです。
残念ながら私も直接わかる質問は少なく後ほど伝え聞いたものではあるのですが...

ユリちゃんはもちろん、監督さまもチャン・ヒョク氏も本当に言葉が長いんです。
一言で終わるというのではなくディテールの深い部分を吐露されていたように思います。
この真剣な二人の表情にそれがよく現れているでしょう?

ですがやはり紹介するお写真は可愛いユリちゃんをセレクトしてみますね^^

20091009PIFF0090.jpg


な~~~んて言いながら...しっかりと監督さまもご紹介しておかねば...(笑)
監督さまも毎回どこへ行くのも一緒で...とても一緒に居て雰囲気がいいですね...
今回が韓国では初の映画という事もあり新人監督、そして新人俳優ユリちゃんとのコンビは
とても新鮮だったのではないでしょうか...
それでは...今度こそ...我らがユリちゃんの素敵な姿を...

20091009PIFF0091.jpg
20091009PIFF0093.jpg
20091009PIFF0094.jpg
20091009PIFF0096.jpg
20091009PIFF0100.jpg
20091009PIFF0102.jpg
20091009PIFF0103.jpg
20091009PIFF0105.jpg
20091009PIFF0106.jpg
20091009PIFF0109.jpg
20091009PIFF0121.jpg

最後のお写真では緊張感を感じさせるようなユリちゃんが存在して...
事実、このとき撮影したお写真のほとんどがこのお写真以上緊張した面持ちのユリちゃんばかりでした。
本当にこのときの観客との対話の時間はユリちゃんの役者人生の中でも初めての事で
考えられないほどの緊張感を持ってそこに立っておられたと思います。
ですが非常にいい雰囲気でした。
ゆったりとした時間が映画だけでなくここでも流れて...
一言一言に聞き入る静寂感といい、ユリちゃんをはじめとする皆さんの応対といい....
日本にはない素晴らしい文化的な現場を見させていただいたように思います。

お昼に会った野外舞台挨拶よりも恐らく長い時間がここで過ぎて...
ピンクのワンピースのユリちゃんはもっと照明をあてて光輝かせてあげたかった程
時に可愛くて...時に美しくて...このようなお姿を近くで拝見できた事だけでも嬉しい事です。

挨拶が終わると迎えに来たハン君が私たちの贈り物を渡す時間を無視して...
さっさとユリちゃんを舞台から下ろし帰って行こうとするんですよ....

ちょ~~~っと待ったぁ~~~~~~~~(*゜o゜)/
悲壮なほどのchocoの心内....せっかく用意したプレゼントを舞台の上で渡したかったのにそれはないでしょうと~~~
必死に追いかけ掴んだハンクンのポロシャツ.....
捕まえられてちょっぴりむっとしたハン君でしたが...

「ソンムル イッソヨ~~~」と叫ぶchoco~~~

ここで渡さないでいつ渡せというのか~~~~!!!!
急いでますよ...と言いかねないようなマネージャーではありましたが
その言葉に気付いたユリちゃんの方が振り返ってchocoを見てスマイルを~~~~オモオモ...

気付いてくださったユリちゃんはしっかりとchocoの用意したプレゼントたちをしっかりと受け取ってくださいました。
もちろん満点の笑みは忘れず....そしてユリちゃん自ら手を差し伸べてくださって...幸せな握手も.........
とにかくピンクワンピースのユリちゃんからこぼれ出る笑顔はこれ以上光輝く事はないくらいのもので...
本当に素敵でした...
しばらくユリちゃんのマネージャーのようにユリちゃんについて歩いておりましたが...
ユリちゃん他のユリ友たちのプレゼントも手にされて...
観衆にちょっともみくちゃになりながらも...ハン君のエスコートで無事にエレベーターまで....
その時にピダニ~ちゃん達が用意した花束たちがまだユリちゃんの手元になくて...
私がピダニ~ちゃんにユリちゃんがここに居る事を....そして花束渡せるとお伝えして~~~
結局投げるようにユリちゃんへ花束をお渡しする結果に...
とても素敵な花束だったから~~本当に舞台の上でそういう受け取りができたらどれほど良かったかと思いますね...
ハン君にその時間を作ってほしいと前日お願いしていましたが...やはり無理で....
現場の映画祭の司会者にそういうご相談をしていれば良かったのかなと改めて考えたりもします。

ユリちゃんの横を歩いているときに...ユリちゃんはヒールを履くから相当背が高くって...
chocoは相変わらずのちびで...常にchocoの目線はユリちゃんの胸元に来るようになってるんですよ...
前日お会いした時も何故だかちらと横を見れば胸元が見えてこの日もそうでした...
いえ...別に覗きこんでるわけもなく...ただただそのような視線に胸元があるほど....
ユリちゃんはすらり~~と背が高いんだという事を申し上げたいわけで...@^^@
ピンクのワンピースからのぞく白い肌は...viviちゃんだったらきっと迷わずタッチしちゃうんだろうけど...
choco的にはもう天然記念物のような重要文化財的資産であるので...
もちろん触ることなくただ眺めるだけで...
カリスマ溢れるユリちゃんのそばという...その絶好なポジションが今でも脳裏から離れません...

そう...ユリちゃんは香水をつけないみたいで....
前日お会いした時もこの日も特別においを感じなかったです...

そうして私たちは...またまたまだまだユリちゃんに会いたくて~~~
この日もホテルへ行っちゃいました^^

そうしたところ...既にユリちゃんは居なくて...諦めていたのですが何やらハン君の姿をまた見つけて~~~
そうこうしていたらまたまたユリちゃんが登場です...
なんと黒いミニドレスをまとって....
先ほどのピンクの衣装とまたがらりと違うお衣装で.......

お昼には黒の革のパンツ、さっきはピンクのワンピースそして今度は黒いミニドレス......

いったい今日という日はどのような日だというのでしょう...
ワールドプレミアと名づいたこの日の映画公開に合わせた我々のスケジュールが
見事にユリちゃん一色で埋められていくという....願ってもない事まで起こる
本当に奇跡の...奇跡ばかりが起こるようです...

ユリちゃんはコートもはおらずそのまま肩を出したミニのドレスに...
相当夜風が肌を突き刺すのでしょうか...
肩が寒い~~というようなしぐさを見せながら迎えの車に乗って出かけました...
その時は何のパーティーかは全く知りもしませんでしたがどうやらAPAN主催のパーティーがあり
レッドカーペットをまたしても歩いていたようですね...
お写真は写せなかったのですがその時のメディア記事より抜粋してお送りします~~

PYH2009100914520001300_P2.jpg
PP09100900196.jpg
image_readtop_2009_526841_1255092711201265.jpg
2009piff0001.jpg
200910092300511125_1.jpg
200910092309028895571A_2.jpg
PYH2009100914560001300_P2.jpg
200910092302331122_1.jpg
2009101000133359341_1.jpg

この日のユリちゃんのスケジュールは本当にハードで....
さっきまであの可愛かったピンクのお衣装はどこへ(((・・ )( ・・)))という感じに...
今度はアップヘアーとなり素敵に変身されて...
私も見る目を疑いました...

本当に...こんなに沢山のユリちゃんの姿を近くで拝見して私たちは...
嬉しい悲鳴ばかりを連呼しておりました............

この日の夜はスムさんやピダニちゃんとそのお友達と共に~お食事を予定していたのですが...
もう皆さん疲れている事もあり韓国のチング3人とchocoとが買い出しに出て
皆一緒にコンドミニアムでパーティーしようということになり...
それから買い出しにでかけましたよ~~~

屋台ストリートでこんなものまでテイクアウトできるの???と...
やはり本場に住んでいる方々の注文の仕方、そのノウハウを見せてもらった感じで...
いや~~~面白い買い出しでした...

両手いっぱいに買い出しして幸せだったんだ~~という会話をスムちゃんとしながら帰っていると
オモオモ...パラダイスホテルの前にバンが止まっているではありませんか...
なんかあの人ハン君に似てるね~~~いやいやあれハン君だよ....
スムちゃん.....ユリちゃんが出てくるよ~~~~~~~!!!!走ろう~~~~ε=(ノ‥)ノ

両手に屋台のテイクアウトをぶら下げているchoco
韓国の焼きたてのチヂミを両手に抱えているスムちゃん...
chocoは情熱で走ったのにもかかわらずスムちゃんは両手に持つちぢみが恥ずかしいから走れないと...(笑)

その時にはすでにchocoの「ゆりちゃ~~~~ん」という呼びかけの声が......
両手に屋台フードを抱えた私たちをああ....ユリちゃんはどのように思って見つめてくれたのでしょうね...
そのままその食材をお渡ししても良かったくらいかな....
それとも屋台フードパーティーにお誘いすればよかったかな.....(笑)

現場での状況では頭真っ白になってそんな提案などできっこないですが...
今冷静に考えれば屋台フード食べれなかったというユリちゃんでしたから
屋台フードパーティーにご招待しても良かったのかもしれませんね....(笑)
あはは...絶対にそんなパーティーにあの衣装では参加できませんけど...........

そのように今ならば妄想もすることができるけど......

あの時スムちゃんと一緒に買い出しに出かけたのはやはり奇跡の女神が.....
またまたchocoの前に現れてくださったんでしょう...

ユリちゃんは本当に....私たちの女神です!!!

20091008PIFF20021.jpg

ズラリと並んだ屋台フードとチキンのおかずたち....
chocoは昨日から続くハードな日々と...ユリちゃんに会えた奇跡のひとつひとつに....
喜びの( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!をしてしまうと...本当に眠たくなっちゃって......
皆のわいわいがやがやの声を子守唄のように聞きながらしばしダウン......
その後また復活して...またわいわいと盛り上がりました~~~

こんなにハードスケジュールじゃなければもっともっと熱く語れたのに...
ちょっぴりダウンしてしまった自分が情けないですが...
こんなにユリちゃんの事ばかりで過ごせるこの釜山の日々は...
まったくもって日常離脱....夢のまたさらなる夢の日々です.....

さてこの続きは....

ミラクル☆ツアーその5 やはりミラクル!!!!@釜山の旅にてお送りします~~~

最後に...この日の観客との対話に関する記事を少し紹介しておきますね^^

ソン・ユリ,映画デビュー'合格点'観客拍手あふれて入力:2009-10-09 21:08:06

PP09100800203.jpg
▲ 'うさぎとリザード'に出演したチャン・ヒョク,ソン・ユリ,演出を引き受けたチュ・ジホン監督

[海雲台(ヘウンデ)(釜山(プサン))=イデ一理SPN金容雲記者]ソン・ユリが最初の映画が観客らの熱い拍手を受けた。
ソン・ユリは9日午後釜山市(プサンシ),海雲台(ヘウンデ)メガボックスで開かれた釜山(プサン)国際映画祭招請作'うさぎとリザード'のワールドプレミア上映に参加した。
チュ・ジホン監督の'うさぎとリザード'は実の母を探して,韓国に来た養子メイといつ死ぬかも知れない貴重心臓病のミニジェスティン症候群患者ウンソル(チャン・ヒョク)がお互いの傷を治癒する過程を入れた感性映画.
ソン・ユリはこの作品でチャン・ヒョクの相手役の女主人公メイ役を担って,観客らと共に映画を観覧した。
チュ・ジホン監督は作品の中でソン・ユリの顔をしばしばクローズアップした。
それだけソン・ユリの表情演技が監督の気に入ったためだ。
ソン・ユリはクローズアップの他にロンテイク場面でも上手な演技を繰り広げた。
また英語演技も自然に消化して目を引いた。
映画上映後観客らは大きい拍手と歓呼でソン・ユリのスクリーン デビューを祝った。
ソン・ユリの映画演技がぎこちなくなかったし俳優として成長の可能性を確認できてからだ。
ソン・ユリは上映が終わった後続いた観客との対話時間に"数千名が見ているレッドカーペットに立った時より今がさらに震える"として"まだ決定されたことはないが映画の感じがとても良くて,次期作はまた映画になったら良い"と内心を打ち明けた。
ソン・ユリは去る1998年女性アイドルグループ'ピンクル'でデビューして,大人気を集めたし'ピンクル'解体後には演技者に変身ドラマ'千年之愛','雪の女王','快刀ホン・ギルドン','太陽を飲み込め'等に出演した。

元記事はこちら イーデイリーSPN

[PIFF2000決算]あごに当てていたソン・ユリ,スターらの'人間的'瞬間ら
入力:2009-10-16 12:31:45

PP09100900196.jpg
▲ 'うさぎとリザード'のチャン・ヒョクとソン・ユリ

[イーデイリーSPN キム・ヨンウン記者]釜山(プサン)国際映画祭は俳優と観客らが共に交わる祭りだ。
おかげさまで観客らは劇場や海雲台(ヘウンデ)海辺で一層人間的な姿で祭りを楽しんでいる俳優らに会ったりもする。
これは観客だけでなく記者も同じだ。
インタビューや記者会見ではないところで俳優に会うのは記者らも容易ではないことであるためだ。
釜山(プサン)国際映画祭期間中会ったスターらの人間的だった瞬間ベスト3を伝える。
◇深刻にあごに当てていたソン・ユリ
ピンクル出身の歌手で演技者に変身したソン・ユリは今年釜山(プサン)映画祭ワールドプレミア上映作'うさぎとリザード'を通じて,映画俳優としてデビューした。
ソン・ユリは去る9日海雲台(ヘウンデ)メガボックスで'うさぎとリザード'の上映が始まる頃チャン・ヒョクとチュ・ジホン監督と共に劇場に入ってきて,客席で映画を観覧した。
あいにくソン・ユリと同じ列に座ったおかげで映画を見る途中たびたびソン・ユリをわき見することができた。
ソン・ユリは始終一貫スクリーンに集中したままあごに当てて映画を観覧した。
椅子にからだを深く尋ねて余裕があるように観覧したチャン・ヒョクとは対比される姿だった。
真剣な表情で自身の初めて映画を見たソン・ユリの表情は映画が終わった後,エンディングクレディットで観客の拍手の音が聞こえると明るく広がった。
ソン・ユリが映画俳優として始めて初足を踏むのに大きい激励になっただろう。
◇こっそり回って座ったユ・ジテのセンス
12日夜海雲台(ヘウンデ)近隣の飲み屋.
酒を飲んでいたお客さんらが小さい歓声をあげた。
ユ・ジテが店に入ってきたためだ。
あらかじめ席を占めていた知人らと相席したユ・ジテは楽しい表情で酒杯を傾けた。
その渦中にユ・ジテを調べてみた何いくつかのお客さんらがサインを要請したしユ・ジテは親切にサインをしてくれた。
だがファンらの頻繁なサイン申請で同席した知人らは不便な表情が歴然だった。
この時通路街に座っていたユ・ジテは壁側隈に席を変えて座って,通路と背中を負けるようになった。
過ぎ去ったお客さんらが初めてと別にユ・ジテのなどだけ見られるようになったこと。
ユ・ジテはまた知人らと酒杯を傾けた。
知人らを配慮するユ・ジテのセンスが引き立って見えた瞬間だった。
◇涙がざあざあとユソン
今年釜山(プサン)国際映画祭期間中には去る9月1日胃ガンで亡くなった故チャン・ジニョンの追悼行事が開かれた。
映画祭側は海雲台(ヘウンデ)ピプビレッジ近隣に追慕ブースを用意して,故人の魂を賛えたしチャン・ジニョンが主演で出演した'鳥肌','シングルス','青鉛'など三編の映画を回顧展で用意した。
特に10日昼間12時釜山(プサン),海雲台(ヘウンデ)メガボックスで'鳥肌'上映と共にクォン・チリン,イ・ジョングク、キム・ヘゴン,ユン・ジョンチャン,イ・ヒョンスン監督が参加した追悼式が開かれた。
監督らはチャン・ジニョンの追慕映像を見て各々チャン・ジニョンとの縁に対して話して彼女の魂を賛えた。
この席には監督だけでなくハン・ジヘ,ユソン,キム・アジュンなど同僚俳優も共にした。
特にユソンは行事開始前から鼻先が赤くなっていたしチャン・ジニョンの追慕映像が出てきて,なくことを耐えることができなくてすすり泣いた。
女優ならば,どんな席にも取材陣のカメラ レンズに敏感なものだがこの日ユソンは違った。
チャン・ジニョンの追慕映像だけでなくユソンの顔を見ながらも何回も鼻先がずきずきした。

元記事はこちら イーデイリーSPN

ソン・ユリ"大胆な演技が必要な時'スカーレット'を思い出して"
パク・ソヨン記者muse@asiae.co.kr

200910091939107659660A_1.jpg

9日釜山(プサン)メガボックス海雲台(ヘウンデ)で開かれた第14回釜山(プサン)国際映画祭参加作'うさぎとリザード'試写会でソン・ユリは"今までみた映画中で最も記憶が残る作品が'風と共に去りぬ'であった"としながら"俳優生活をしながらしっかりしている演技が必要な時は常に'スカーレット・オハラ'を思い出す"と説明した。
ソン・ユリは"ドラマとは本当に違う雰囲気,集中できる雰囲気でおした"としながら"ドラマは瞬発力を要求する作業ならば映画は長い呼吸を必要とする作業であるようだ"と話した。
また"痛みがあるキャラクターを引き受けて,撮影中ずっと胸が痛くて苦しかった"としながら"初めての映画とたくさん震えるがこの映画を通して,痛みがある人々が少なくとも治癒を受けられれば良い"と話した。
来る22日開封されている'うさぎとリザード'は実の母を探して,韓国に来た養子メイ(ソン・ユリ)といつ死ぬかも知れない珍しい心臓病で毎日世の中の最後を準備する男ウンソル(チャン・ヒョク)が偶然に会った後共に同行するようになりながら繰り広げられる胸が痛い傷と愛を描いた映画だ。
パク・ソヨン記者muse@asiae.co.kr
写真イ・キボム記者

元記事はこちら アジア経済

テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行




chocoさん  こんにちわ^^

旅行記。。。。。。
目の前にユリちゃんがいるようで
本当に、ドキドキ。。。。しながら拝見しています。
chocoさんの文才!!!のおかげですね。
手が届きそうなユリちゃんを感じることができてチョア!!!!!
一緒に行かれた方のコメントを読ませて頂いて
尚一層感じることができます。  コマオー!!
まるでチキンに手を届きそうなくらい(笑)

それに、いつも素敵にメッセージ仕上げて頂いて
今回も、凄くいい感じ。。。。。
ユリちゃんに手渡しなんて。ドキドキ。。。胸が高鳴りますね。
凄いことです。
行動力の凄さは充分わかっておりましたが・・・・・パチパチ

ありがとうございます。
次も楽しみにしています。
【2009/10/18 17:48】 URL | toto #./qA1Ad6[ 編集]
chocoさん、今晩は^^

この日は朝から夜までユリちゃんユリちゃんで、
何度もユリちゃんに会えて、本当に幸せでした~♪
映画のチケットが一枚足りないとスムさんが言った時は、
ほんと目の前真っ暗で~
あの時は、ピダニ~ちゃんが天使のように光輝いて見えました~^^;
私達の席は、chocoさんの席の斜めちょっと後ろでしたので、
私は、ユリちゃんが一緒に見ていたことに全く気づかず~
おかげで集中できたかな!?

観客との対話が終了して~
横にいたchocoさんがプレゼント渡さなきゃって、自分の荷物を置いて行ってしまって、
「えぇ!?chocoさん荷物どうするの~」ってちょっとウロウロしたけど、
自分もプレゼント渡さなきゃって、人をかき分けchocoさんの後を追って~
すでにchocoさんは見えず~とにかく人をかき分けかき分け必死に走りました><;
やっと出口を出たところでハン君を見つけ、ハン君の手にプレゼントを押し付け^^;
前に回りこんでユリちゃんの元へ~
握手してって言ったのかな~何が何だかよく憶えていないのですが、
ユリちゃんの右手をシッカリとゲットして~
瞬間握手ではなく、ほんのちょっとだけ長いことお手つなぎさせてもらっていました~^^;
私は明日が無いので、最後のユリちゃんかも?という思いがあって・・・
ホテルでまた会えたのは、最高のおまけでした~

韓国チングとの屋台フードパーティー、楽しかったですね♪
スムさんのアクシデントもあったけど~あれは、どうなったでしょうねぇ???
たくさんユリちゃんのお話も出来て、とても有意義な時間でした~
ユリちゃんを通じて出会った私達、ほんと不思議なご縁で~
明日の事がなければ、ずっとおしゃべりしていたい位でした~~~

【2009/10/18 22:54】 URL | hako #-[ 編集]
chocoさ~ん、こんばんわ^^
私は韓国で2度目の映画鑑賞でした~。
ユリちゃんの映画は、ゆったりと時間が流れるような...台詞も多くはない感覚で楽しめる?感じだったので、内容はほぼ把握することができました^^ 
終わった後に何かが残るような..そう結末の後をそれぞれが少し考えるような感じでしたね。
大きな画面で見ることができてほんとによかった...。余裕を持ってもう1度観たいなぁ。
映画が終わって、観客との対話の時間。何か質問もしたかったけど、ちょっと勇気が出ず...。
おもしろい質問がいくつかあがっていましたね^^
メイは小さい頃に海外養子になったのになぜこんなに韓国語が上手なのか?
ウンソルは心臓がいつ止まるかもしれないのになぜタクシー運転手という設定なのか?
ウンソルの最後の台詞、実際に描かれなかったけどメイはそれに何と答えるか?等々...。
質問のひとつひとつをよく考えて答えるユリちゃん、そしてチャンヒョク氏もそんなスタイルなのがとても印象的でした。
ユリちゃん、最初は緊張の面持ちでしたが、よく笑っていましたね~。たくさん笑顔が見れて嬉しかったです。
楽しい対話もあっという間で...退場する足の早いこと早いこと^^;
いつものごとくハン君のガードは優しく厳しく、やっぱり厳しく(笑)...chocoさんが果敢にも網スピードで追いかけるのを若干後方で見つつ...
私もユリちゃ~んと呼びつつ、思いっきり腕を伸ばしてユリちゃんの左腕にタッチしましたぁ。(ここでユリちゃんの腕のぷにぷに具合を確認するミッション成功です笑)、
そしたらユリちゃんも振り返って手を伸ばしてプレゼントを受け取ってくれました^^V直接渡せて嬉しかったです~。
エレベーターが閉まるまでしっかりお見送りをさせて頂き....。
『うさぎとリザート』GV鑑賞は大・大・大満足でした^^
その後、ホテルでちらっと会えた時も『ソンムル コマウォヨ』って言ってもらって、人混みの中で何とかプレゼントを渡せて良かった~とまた嬉しくなって^^
その夜の屋台フードパーティもとっても楽しくって^^韓国のユリちゃんファンのお友達も混ざってのお話のひとつひとつが楽しくて嬉しくて...これもまた幸せな時間でしたね^^
【2009/10/18 23:02】 URL | meme #-[ 編集]
チョコさん、こんばんは♪

ユリちゃんと一緒に映画を観ることができて、幸せでした!
映画が終わるまでユリちゃんがいたことは知りませんでしたが・・・(笑)
字幕もあり、ある程度は理解できたのでよかったと思います。
Tシャツもらえなかったのは、この時はショックでしたね~。

私はユリちゃんに直接プレセントを渡せなくて・・・
ユリちゃんの側近の女性に『ユリちゃんへ!』と言って渡すしかなかったのですが、無事に届けられたようで安心しました。

屋台フードパーティーは楽しかったですね♪
品物を持って走るチョコさん、見たかったです!
hakoさんのおっしゃる通り、スムさんは大丈夫だったのでしょうか・・・

【2009/10/19 00:12】 URL | マルフジ #-[ 編集]
chocoさん、こんばんわ

ホント朝から晩までユリちゃんでしたね^^

南浦洞でのカジュアルなユリちゃんを一番前で観覧できて
早く行ったかいがありましたね。

映画はユリちゃんをすごく綺麗に撮っているなぁ~と思いました。

舞台挨拶が終わり、すぐ帰ってしまうから慌てましたね。
人混みを搔き分けやっとユリちゃんを見つけ、
ぷよぷよの左腕を掴んでソンムルと叫んでやっとこさ渡せました。
そのときピンクのワンピースの脇が少しぶかぶかだったのか
見えそうで、ドキドキしましたよ。

コンドミニアムでの屋台フードパーティー
ユリちゃんのことばかり色々話せて楽しかったですね。

スムさんは大丈夫だったみたいですよ。

【2009/10/19 01:44】 URL | vivi #-[ 編集]
totoさん~~こんにちは~\(^o^)/

私はユリちゃんと違い読書をあまりしない方ですから...
文才はないのですが...ただただ思った事をそのまま綴ってるだけなので...
不適切な表現も多いかと思います...
ただ率直な語り口がきっとリアリティ~溢れる表現に聞こえてくれるなら良しとして...(*^^*)
メッセージはですね...
やはりユリちゃんが目にしたときに(*^m^*) ムフッとなっていただければ...
そのように毎回想像を膨らませながらの作業で...
私もさせていただけることに感謝していますので...
今回こうやって手渡しすることができたのもここでいつも共に応援してくれるユリ友が後押ししてくれてるんだと思います。
それくらいいつも私も皆さんからパワーを頂いているので...
こちらこそありがとうございますなんです^^

hakoさん~~~(@^0^@)ノ彡☆゜・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜

冷静なhakoさんには私が荷物を置いてそのままダッシュして行ってしまった事は理解できない行動だったのではないかと思いますが
その時は、もう皆さんから預かったものをしっかりと渡すことが何よりもの優先でした。
任されたら、任された以上にやりたい、やってあげたいというのがどうやら私の心の奥に潜んでいるようで...
なりふり構わずやっちゃうのも良くないのでしょうけれど...
ですがhakoさんがこの日最後のユリちゃんになったんですよね...
ホテルでまた会えてしかも長い間ユリちゃんと会話で来たり、ずっと見る事ができて本当に良かったですね。
スムさんのアクシデント無事に解決したようです^^
とことんツイてる私たちではありませんか!!!

memeちゃん~~~~(@^0^@)ノ彡☆゜・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜

映画はまた大スクリーンで見て見たいですね。
毎週映画館に通ってみてもいいと思えるくらい韓国の映画代は安くてそしてシートも良くて~~(*^^*)
緊張した面持ちのユリちゃん、そして笑顔のユリちゃん...
どれもこれも新人俳優として舞台に立ち観客と対面するのは
一生に初めての事だっただろうしその場面に参加できたのは私たちにもひと財産となりました。
「ソンムル コマウォヨ」このユリちゃんの言葉...心にずし~~んと響きましたね~~~(*^^*)(*^^*)(*^^*)

マルちゃん~~~~~こんにちは~\(^o^)/

Tシャツもらえなかったときはトイレなんか行ってる場合じゃなかったと後悔したものです...
がしかし次の日でそれも解決したね!!!
私たち本当に毎回ツイてるねぇ...
そっかマルちゃんは側近の彼女たちに渡したんですね...
でもちゃんとその後ユリちゃんの手元に渡っていたのを確認したから...
ホッとした事でしょう...本当にああいう現場を見たら嬉しいものです^^
両手に屋台フードの袋を抱えた私の走りっぷりは現役だったかも!?!?
疲れていてもこんな走りができるのはユリちゃんからいただく魔力によるものです。
本当に...不思議とパワーが出ますもんね...(笑)

viviちゃん~~~~~~(@^0^@)ノ彡☆゜・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜

いや~~~こんなにユリちゃん尽くしな一日は二度とないかも...
左手を掴むだなんて...viviちゃんしか成せない技では...
いや、もうmemeちゃんもできるようになったな...(笑)
そしてユリちゃんの脇のぶかぶかchocoも確認しとりました...
あれ...すごく良く中身が...オモオモ....危険な洋服でしたね(笑)
屋台フードパーティ~~
考えて見ればコンドミニアムだったからあんなに大人数で食卓を囲めたよね~~
私は途中でダウンしてしまい話に参加できなくて...(TーT)
だけど皆の笑い声を遠くに聞きながら寝入る幸せも味わっておりました...
またパーティーしたいです(*^^*)(*^^*)(*^^*)

【2009/10/20 13:40】 URL | choco #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat! Vol.2 -2009-, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。