Recent entries
2010/01/01 (Fri) そして...Vol.3へ...
2009/12/31 (Thu) 年の瀬を迎えて
2009/12/29 (Tue) テサム12話@KNTV
2009/12/27 (Sun) テサム第11話@KNTV
2009/12/24 (Thu) テサム第10話@KNTV
2009/12/21 (Mon) テサム第9話@KNTV

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ユリちゃんの今週のスケジュールの中で14~16日映画<うさぎとリザード>広報インタビューとなっていましたよね?

恐らくその広報インタビューの記事ではないかと思われます~~





ソン・ユリ,"映画俳優で釜山(プサン)訪問願いをかなえましたよ"
2009-10-15 16:06

観客と出逢いなど日程忙しくて'美味しい店ツアー'できなくて惜しい~

20091015-008.jpg
20091015-009.jpg
◇ソン・ユリが映画'うさぎとリザード'で釜山(プサン)国際映画祭に参加した。
優雅なドレスを着たソン・ユリがレッドカーペットを踏んでいる姿.
<釜山(プサン)=キム・ボラ スポーツ朝鮮T-ニュース記者boradori@sportschosun.com>

"俳優として願いを成し遂げた気持ちでした。"
ソン・ユリが最近スポーツ朝鮮とのインタビューで釜山(プサン)映画祭に参加した格別な所感を明らかにした。
ソン・ユリは第14回釜山(プサン)国際映画祭で自身が出演した映画'うさぎとリザード'が公式招請作に選ばれながら,映画祭レッド カーペットを踏んだ。
'うさぎとリザード'は歌手から演技者に変身したソン・ユリの事実上初めての映画出演作だ。
"以前にも釜山(プサン)に何度かこようとしたのに映画関係者ではないが映画の祭りに行くというのが若干迷われましたよ。
他の人らは神経使わないかもしれないが,私はまだ映画関係者ではないところという考えのために本当に行きたかったのに行けませんでした。
それで今回釜山(プサン)に行けたことがとても良かったです。
願いを成し遂げた感じでしょう。
もう映画関係者になったので気楽に釜山(プサン)を探せそうです。"
ソン・ユリは今回の映画祭で特に意味のある観客との対話時間を持ったと話した。
"観客との対話時間にある観客分の質問を受けてびっくりしました。
私が劇中で引き受けたメイという人物は幼い時期米国で養子縁組されて韓国にきて,自分のご両親と過去を探すのに,いつも赤色トランク カバンを持って通いますね。いつでもどこかで舞い上がれるという設定であったのに。
ある観客分が'そのトランク カバンが真っ赤なウサギを象徴するではないか'と尋ねましたよ。
私はもちろんで監督様もびっくりしましたよ。
事実映画を気兼ねされることができてちょっと心配をしたのに私たちが意図した部分はもちろん意図しなかった部分の隠れた意味まで引き出して共感して下さるというのを感じました。
釜山(プサン)映画祭観客方々の目の高さにびっくりしましたよ。"
ソン・ユリは今回の映画祭で数多くの釜山(プサン)の美味しい店を渉猟する機会をのぞいた。
しかし押し寄せる公式行事日程とインタビューなどで意図を成し遂げられなかった。
"事実海雲台(ヘウンデ)の屋台のようなところでも釜山(プサン)すみずみ隠れた美味しい店を歩き回るのを期待してきたのにスケジュールがとても多かったです。
それ終われば寝るのに忙しくて。
ご飯食べるのがチャン・ヒョク兄さんと一度食べて会社家族らと食べたのが全部でした。
今回釜山(プサン)降りてくる時,人々がイカの刺身がおいしい所がいるといって,必ず行ってみたかったのに行けませんでしたよ。
代わりにチャン・ヒョク兄さんが降りてくる前からテジクッパの家の歌を歌ったのにソウル行飛行機乗る直前にやっとお昼に食べましたよ。
初めて食べてみるテジクッパ,本当においしかったです。"
ソン・ユリ,チャン・ヒョク主演の映画'うさぎとリザード'は22日封切る。
<釜山(プサン)=クォン・ヨンハン記者champano@sportschosun.com>

元記事はこちら スポーツ朝鮮

美味しいテジクッパですって~~~~~
私も食べてみたかった....ユリちゃんと一緒に...
何故なら...最終日ユリちゃんと空港ニアミスだったのです~~~
あと5分リムジンバスが早く着いていれば...
テジクッパを食べたご満悦のユリちゃんに会えていたんだろうなぁ.....

だけどこんなユリちゃんの映画俳優として降り立つ釜山で...
同じ場所で過ごしていたことだけでも本当に喜びで・・・
今回の旅に参加できて本当に嬉しく思っています...

そしてさらに気になるこんな記事・・・

[真実探求]‘うさぎとリザード’ソン・ユリ,“来年ならば三十,演技がとてもおもしろいです”

20091015-010.jpg
20091015-011.jpg

俳優をしなかったら何をしたのだろうか?映画'うさぎとリザード'の封切りを前にしてソン・ユリは100m距離に居てもしっかりとわかるほど美女であった。
カメラとはやぼったい機械に自身の美しさを許諾しないのか実物がはるかに可愛かった。
女性グループ ピンクルで最高の人気を享受してドラマを通して,演技者に変身した彼女がもう'映画俳優'という呼称を加えた。
もう可愛いだけという周囲の先入観を破って俳優で確かに位置を占めたいんだ。
ソン・ユリを囲んだ先入観の真実有無を調べてみた。
#ソン・ユリは人見知りする猫かぶりな性格だ=×.
澄まし屋とは距離がとても遠い。
デビューして10年が越えるからか?予想と別に顔を全く覆わない。
本来明るくて陽気で率直な性格だ。
今回の釜山(プサン)国際映画祭でチャン・ヒョクの勧誘でテジクッパをおいしく食べてきた。
ソン・ユリは'うさぎとリザード'で養子メイ役を担って,演技変身を試みた。
"まだ私の大多数ファンらはピンクル時の白いイメージが好きです。今まで作品を選ぶ時,その方らの好みになるべく合わせようと努力しました。しかし今はこれ以上アイドル スターでない以上,私も変化しなければならないという気がしました。いつも固定されている同じキャラクターから抜け出したかったです。そうする時,メイに会いました。見慣れなく見られても挑戦してみるべきだとの欲ができました。この映画をしながら自分自身がちょっと成長したようです。"
#ソン・ユリはドラマよりスクリーンがさらに合う?=△.
'うさぎとリザード'は養子メイ(ソン・ユリ)と貴重病を抱えているタクシー運転手ウンソル(チャン・ヒョク)が痛みを共有しながら,愛を積み上げる過程を描いたメロー物だ。
釜山(プサン)国際映画祭で初めて公開された後ソン・ユリの演技に対する好評が続いている。
初めて挑戦したスクリーンがさらによく合うからか?
"まだ私は本当たくさん不足します。みな監督様とチャン・ヒョク兄さんがたくさん助けたためなんです。我を忘れて追い詰めるドラマとは違い長い呼吸で撮影をするから初めには集中にならなくて,たくさん大変でした。しかしだんだん慣れながら,私がよく知らなかった自分の長所を発見するようになりましたよ。どのジャンルが私によく合うかはよく知らないです。ジャンルに関係なく私が発展できて演技者として成長できる作品をしてみたいです。"
#ソン・ユリは来年三十才になるのが恐ろしい?=×.
神経が若干使われるが恐ろしくはない。
ソン・ユリは演技者に変身した後1年に1作品ずつだけ出演してきた。
今年には上半期にだけ'うさぎとリザード',ドラマ'太陽を飲み込め'等2編を撮影した。
女優として絶頂期に多様な姿を見せてあげたいという欲のためだ。
"今まで私が本来一つの作品を終わらせて出てくればそのキャラクターから抜け出すのにとても荷が重かったです。
しかし1作品1作品しながら内面空白もちょっとできて演技に対する情熱がさらにできながら休まないで仕事を引続きしたかったんですよ。
また最も美しいこともある時期の姿をたくさん残したくて。
私が三十より今二十九の九の数が本当に心配になりました。
それで仕事をさらにがんばりました。
三十もとても期待されます。
俳優としてさらに感情が豊富になりそうです。"
#ソン・ユリは現在結婚に関心が全くない?=○.
現在は仕事にさらに没頭する時と考える。
'ヒザ打ち道士'で告白したように恋愛をしたことがあるが現在ボーイフレンドはない。
普段似た同じ年頃なピンクルのメンバーであったイジンとチョ・ヨジョンなどと群れをなし行き来するから孤独さを全く感じられずにいる。
"チャン・ヒョク兄さんがとても家庭的で,本当に見栄えが良かったんですよ。
俳優として成長するために恋愛をよくしろとおっしゃるのに職業特性上そうするのが容易でないでしょう?友人ら中に結婚した友人らもあって赤ん坊を持った友人らもあります。
それを見れば本当にうらやましいことはします。
しかし現在は演技がとてもおもしろいです。
まだたくさん不足するということ分かります。
しかしカメラに真っ赤な火が入ってくる時のときめきは相変らず私を興奮させます。
いつも努力する演技者になります。"
<文チェ・ジェウク・写真クォンホウク記者>

スポーツ韓

特にこの記事は今の等身大のユリちゃんを描いてくれていてすごく良かったですね。
女優という仕事に...本当に邁進したいという気持ちがよくあらわれていて...
読んでいてすごく嬉しい感じを覚えました。
テサムのスヒョン...うさぎとリザードのメイ....
今年は2月に映画のクランク・インから本当に休みなしでずっとずっと演技していたユリちゃん...
テサムが終わってからまだ2週間しかたっていないというのに
本当にたくさんの場所に出向いて映画の広報をして...
そして今週も来週もどんどんとスケジュールが埋まっていて....

ファンにとってはこんな精力的なユリちゃんの活動がどれほど嬉しいことか...
Fin.K.Lのホワイトユリちゃんは確かにそれも好きだけど...
やはり俳優としてのユリちゃんに初めて会って好きになったものとしては...
既存のイメージなど最初からないから....
本当にいろいろな役に挑戦してもらって全然OKですよ~~~~~~
ユリちゃんが選択する役柄がどのようなものなのかとても気になるし、楽しみだし.....

まだまだ結婚しなさそうなインタビューにちょっぴり安心もしたり...(笑)
ですがいろいろな方面で充実した日々を送っていただくのが一番...
ユリちゃんの今のスタンスにぴったり合う時間を過ごしてほしいですね...

ますます30台になるユリちゃんが楽しみです~~~~(*^^*)ポッ

テーマ:ソン・ユリ - ジャンル:アイドル・芸能




chocoさん、今晩は!

演技者として願いを成し遂げたユリちゃん!
そんな思いで釜山に来ていたのですね~
映画の中のメイの赤いトランクについて、そのような対話があったとは~@@
記事を読むまで全く気づかなかったけど、
赤だけに、確かにそうともとれますね~スゴイですね!その人~
暗くて声も小さくて、もちろん言葉も理解出来ないので、
何が行われているのか?よくわからなかったけど、意味のある時間だったようで、良かったです♪
そして、現在は仕事にさらに没頭する時と考えると聞いて、安心しました!
せっかく女優として乗ってきたところなのに、ここで止まっては・・・
止まって欲しくないなぁといつも思ってて~
指輪はきっとファッションなのね~???
この記事を読んで、釜山に行けた事、さらに感謝しました~~~

素敵な記事を紹介してくれて、ありがとう~~~
【2009/10/15 23:44】 URL | hako #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat! Vol.2 -2009-, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。