Recent entries
2010/01/01 (Fri) そして...Vol.3へ...
2009/12/31 (Thu) 年の瀬を迎えて
2009/12/29 (Tue) テサム12話@KNTV
2009/12/27 (Sun) テサム第11話@KNTV
2009/12/24 (Thu) テサム第10話@KNTV
2009/12/21 (Mon) テサム第9話@KNTV

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




何よりもやはり...映像で見るのが一番でしょう^^




ってことでユリちゃんのインタビュー部分の映像とともに...

'うさぎとリザード'ソン・ユリ"映画デビュー,負担あった"



俳優ソン・ユリが自身の映画デビュー作'うさぎとリザード'に対して多様な所感を率直に明らかにした。
5日午前11時ソウル,鍾路(チョンノ),明洞ロッテシネマで進行された製作報告会で"こんにちは。新人俳優ソン・ユリです"と紹介したソン・ユリは映画とドラマの差に対して"スタッフが俳優が最高に没入することができるように助けるのに,ドラマと差異点を感じた"と説明した。
彼女は引き続き"私が演技したメイが言葉もなくて内面演技をする人物なのでスタッフらが話を働きかけなくて親しくなりにくかったようだ"として笑い話も残した。
また"既存のキャラクターとは違い口数が少ない人物なので一人だけの時間をたくさん持った。
養子縁組素材ドキュメンタリーをたくさん見て,ニューヨーカーだから英語勉強もよくしたとし,映画準備過程に対して説明した。
映画デビューに対してソン・ユリは"映画を撮りたい心はかなり以前から持っていた。大きいスクリーンに私の姿が出てくるのは事実負担になった。今回映画撮影中監督様をはじめとして,スタッフがたくさん助けて下さって可能だったようだ。評価は観客らに任せる"と所感を明らかにした。
映画'うさぎとリザード'は実の母を探して,韓国に来た養子メイ(ソン・ユリ)といつ死ぬかも知れない稀な心臓病‘ミニジェスティン症候群’で毎日毎日世の中の最後を準備する男ウンソル(チャン・ヒョク)が偶然に会った後共に同行するようになりながら繰り広げられる胸が痛い傷と愛を描いた感性メロー映画だ。
純粋な魅力の傷ついた女メイ役に初スクリーン挑戦状を差し出したソン・ユリと一層成熟した感情演技をお目見えするチャン・ヒョクの初めてのメロー呼吸にヨーロッパで先に認められた実力派新鋭チュ・ジホン監督の繊細な演出力が交わって完成された'うさぎとリザード'は釜山(プサン)国際映画祭‘韓国映画の今日-パノラマ’部門に公式招請されて,先にお目見えした後,来る22日封切る予定だ。

元記事はこちら tag story

もう一つ別角度からのものも紹介しておきますね

[HD動画]ソン・ユリ,'演技力論議?それだけ関心が多いからです!'
ザ・スターイ・ヨンファPD moviebe@chosun.com  2009.10.05 21:00

20091005-024.jpg
▲写真:(左から)チュ・ジホン監督,俳優ソン・ユリ,チャン・ヒョク順/ザ・スターthestar@chosun.com

5日午前,ソウル ロッテシネマ明洞(ミョンドン)アベニュエル5館で映画<うさぎとリザード>(監督:チュ・ジホン,製作:JMピクチョス)の製作報告会が開かれた。
生涯初めてのスクリーン デビューを飾ったソン・ユリはこの日記者会見で"劇中メイの役割により充実するために現場にあるすべてのスタッフらが感情没入になるべく物静かな雰囲気に導いて上げた。
だから劇後半部でますますむしろあまりにも退屈だった。
スタッフらと多くの時間を一緒にすることも出来ない点が本当に惜しい"と伝えた。
引き続き"既にした溌刺としたキャラクターとは大いに違った。
'養子縁組'という所在素材を扱っている関連したドキュメンタリーもたくさん見たし,また劇中米国で生きてきたニューヨーカーの役割にも消化するために英語勉強も暇が出来ればした"と。
アイドル グループ出身演技者がドラマまたは映画に出演,演技力論議に対する一部先入観に対しては"多い方々の<関心>に受け入れたい。
私以後にも多くの歌手出身演技者らががんばっているのに,肯定的に解釈してくれ"と頼んだ。
今回の映画でソン・ユリと一緒に呼吸するようになったチャン・ヒョクは"初めからこの映画のシナリオを見て出演すると意思を明らかにしたのではない。
ある日,この映画会社に他の映画シナリオを見に行ったのに偶然にこの映画シノプを見て引きずられるようになった"としながら,"が映画を撮りながら,私ももう30代俳優隊列に立った。
20台と30台差が私の人生にあって大きかったし,どうしても見る視角が20台よりはもう少し広くて安らかに見られるキャラクターに変わっていないのではないか考える"と。
また,チャン・ヒョクは相手役のソン・ユリに対する評価に"総てのことあまりにも誠実だった。余白の美がすばらしかったし良い俳優"とほめた。
一方,映画<うさぎとリザード>は自身のアイデンティティーを探して,23年ぶりに故国を訪問した養子メイ(ソン・ユリ)といつ拍動を止めるかも知れない珍しい心臓病を抱えているタクシー運転手ウンソル(チャン・ヒョク)の話を描いた感性メローで来る10月8日開幕する第14回釜山(プサン)国際映画祭‘韓国映画の今日-パノラマ’セクションで先公開,22日封切る。

20091005-025.jpg


▲映画<うさぎとリザード>製作発表会現場-キーウィドットコム


元記事はこちら ザ・スター

いや~~それにしてもすごいフラッシュの嵐でしたね.....
ユリちゃんがスヒョンではなくメイを紹介しにこうやって公の場に立つなんて......
ちょっぴりスヒョンを感じるような雰囲気もありながら...
新人俳優として舞台に立つ気持ちはとても新鮮だったことでしょう...

セリフの少ないメイ.....感情演技で私たちの心を揺らしてくれるとするならば...
間違いなく言葉の壁に悩みそうなchocoにとっては朗報ですね.....
言葉にはない感覚の演技なんだね.....うーん...メイはいったいどんな人物なんだろう...
とても気になりますね~~~

あと数日でその映画を見ることができると思うと心が逸ります.......
今日はせっかくの制作発表会の日だったにもかかわらず完全に出遅れてしまいました...
たくさんの記事を見ながらあくせくしておりますが....
皆さまからいただいたメッセージの整理や...その他もろもろな準備もしないといけなくて...
制作発表会についてあまり詳しくご報告ができなくてすみません...
この映像でいろんな事を皆さんが感じてくださると嬉しいです(*^^*)(*^^*)(*^^*)

テーマ:うさぎとリザード - ジャンル:映画




chocoさん~~~

忙しい中でのUPしかも映像で
ありがとうございます。
それにしても、凄いフラッシュi-189i-189
目が眩みそうな中まばたきもせず笑み絶やさず受け答え・・・凄い新人俳優ですね。^^;;

映画とドラマの差を見て、少し(大分)ドッキ!!
ドラマが遠くなったりして!!

セリフが少ない映画なんですね。
あの予告を見て、今まで見た事が無いような雰囲気を感じますし
内面演技なんだかいい響き。。。。。期待が膨らみます。

もうすぐ、chocoさんは見れますね。
感想楽しみにしています。
私。ネタバレOKです。
だって、すぐには見れないから(泣)・・・・

ユリちゃん7日にMBCの番組の録画が入ってますが(カン・ホドンのヒザ打ち導師かな・・・・だったらKNTV3ヶ月遅れ位で放映があるかも)
いつ、韓国はいつ放映なのかな??
ごめんなさい!!忙しいのに!!








【2009/10/06 00:02】 URL | toto #./qA1Ad6[ 編集]
totoさん~~おはよう^^

ネタばれOKってことなら遠慮なく...^^
楽しみに待っててくださいね。
それからひざ打ち導師...こちらも楽しみだね~
ああいうトーク番組出るのは本当に久々だから...
すごく嬉しいです^^

【2009/10/06 08:33】 URL | choco #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat! Vol.2 -2009-, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。