Recent entries
2010/01/01 (Fri) そして...Vol.3へ...
2009/12/31 (Thu) 年の瀬を迎えて
2009/12/29 (Tue) テサム12話@KNTV
2009/12/27 (Sun) テサム第11話@KNTV
2009/12/24 (Thu) テサム第10話@KNTV
2009/12/21 (Mon) テサム第9話@KNTV

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




最終回を受けて早速出てきた記事たちを....




今夜はすでにいくつかの記事が出てきていて....各々の評を読んでみたいと思います...



'テサム',和解と容赦を描きながら,大詰(大尾)の幕降りて
イム・ヘソン記者lhsro@asiae.co.kr
2009.10.01 23:05

20091001-004.jpg

[アジア経済イム・ヘソン記者]SBS '太陽を飲み込め'が1日和解と容赦を描きながら,大詰の幕を下ろした。
この日放送された最終回ではキム・ジョンウ役のチソンがチャン・ミノ会長役のチョン・グァンリョルにお父さんと呼びながら,嗚咽する姿を描いた。
この日放送ではペク室長(チョン・ホビン)がジョンウによって全てのものを失うようになって,ジョンウを殺すためにことを企てる。
だが計画は水泡と消える。
ペク室長はテヒョク(イワン)を訪ねて行って,横暴を行った。
するとテヒョクはペク室長を銃で撃ち警察に引きずられて行く姿を見せた。
ジョンウはチャン会長に"検察が召還通知するでしょう。避けて下さい"と話す。
だがチャン会長は"これ以上私に気を遣うな。君は君であるまま継続すれば良い。私が君の父という縁が申し訳ない。私との悪縁はそれ位に忘れてしまえ"と話す。
これにジョンウは"お父さん"と難しく口を開いて悔恨の涙を流す。
チョン・グァンリョルとチソンはこの日お互いの心を確認しながらどうすることもできない涙を流す姿を優れた内面演技と一緒に完全に消化した。
この日チャン会長がジョンウの母のミヨンと初めて会った海辺で自ら命を絶つ場面で幕を下ろした。
7月9日初めての放送された'太陽を飲み込め'という放送中ずっと20%に肉迫する視聴率を記録した。
その中心にはチョン・グァンリョル,ユ・オソン,チソンなどの男俳優らのカリスマあふれる好演がある。
チョン・グァンリョルはチャン・ミノ役を担って,痛みを持った悪役を演技して,ドラマの質を一層高めた。
ユ・オソンやはり久しぶりにテレビ劇場にカムバック,傭兵出身ギャンブラージャクソン・リーを演技して,アクション カリスマを完全にお目見えした。
チソンは既存の軟らかいイメージを脱皮,男性的な姿を誇示した。
だけでなく'太陽を飲み込め'という男らの復讐の話を扱って,緊張のひもを置かなかった。
若者たちの野望と復讐,メロー,アクションが混在された'太陽を飲み込め'という視聴者らの心の中に思い出に残るようになった。
イム・ヘソン記者lhsro@asiae.co.kr

元記事はこちら アジア経済新聞

'テサム'ジョンウ・チャン・ミノ,父情確認しながら,有終の美
キム・ジヨン記者| 2009/10/01 23:09

20091001-003.jpg

復讐の刀を研いだ相手が親父であることを知るようになったジョンウ(チソン)はついにチャン・ミノ(チョン・グァンリョル)会長を"お父さん"と呼びながら,容赦の涙を流した。
1日放送されたSBS水木ドラマ'太陽を飲み込め'(脚本チェ・ワンギュ・演出ユ・チョリョン)はジョンウとチャン・ミノ父子の熱い不浄を確認しながら,大詰の幕を下ろした。
新型インフルという悪材料にもかかわらず,ずっと水木ドラマ1位を守った'太陽を飲み込め'が去る7月9日初放送後3ケ月目に有終の美をおさめた。
この日放送された最終回でチャン会長はずっと自身が窮地に追い出したジョンウがそのように探した息子であることを確認して"私が君の父とは縁が申し訳ない。絶対容赦にならないが私をためにでなく君の自らのために私との悪縁はそれ位に忘れてしまいなさい"として悔恨の涙を流した。
これに真心を感じたジョンウやはりチャン会長に向かって,かろうじて"お父さん"と呼びながら,結局彼を許したことを迂回的に表わした。
だがチャン会長はついに自身が息子とは知らずにジョンウに行った悪行などに懐疑を感じながら,ジョンウ母親の墓を探して,自殺してしまう。
反面ジョンウの腹違いであった弟テヒョク(イワン)はペク室長(チョン・ホビン)と手を握って父を追い出すようにする反乱を準備,これをジョンウから報告を受けたチャン会長は少なくない衝撃を受ける。
この過程で全てのものを失うようになったペク室長はジョンウを殺そうとするがこれを盗み聴いたハン・ソニョン(ハン・ジヨン)の助けで命を救う。
これに興奮したペク室長はテヒョクを訪ねてきて戦いを繰り広げている間テヒョクはついに銃でペク室長を撃って,警察署に連行されてしまう。
一方来る7日からはチャン・グンソク パクシニェ主演の'ハンサムですね'が放送される。

元記事はこちら スターニュース

‘テサム’和解と容赦描き出しながら,ハッピーエンド‘有終の美’
[2009-10-01 23:17:21]

20091001-007.jpg

[ニュースエン パク・セヨン記者]
果たして開始は???が終わりは微小だったのだろうか?SBS水木ドラマ'太陽を飲み込め'がブロックバスター級韓国ドラマの課題を残したまま淡泊な放映終了をむかえた。
10月1日放送されたSBS水木ドラマ'太陽を飲み込め'(脚本チェ・ワンギュ/演出ユ・チョリョン)最終回ではチャン・ミノ(チョン・グァンリョル)-キム・ジョンウ(チソン)そしてジョンウ-テヒョク(イワン)兄弟の和解と容赦が主要ストーリーに描かれた中で企画意図のとおり済州道(チェジュド)出身若者たちの夢と野望を広げていく姿が展開した。
前日放送分に続きチャン会長は一生をそばに共にしてきた秘書ペク室長(チョン・ホビン)に銃をねらいながら"どのように自身を裏切ったか"として歯ぎしりしたが"よっぽどでなければ主人を尋ねたか。忠誠をつくした犬か主人は調べてみることだ"と応酬した。
これにチャン会長は"君はすでに永い歳月私を裏切る計画をたてていた" "キム・ジョンウと私の関係を分かりながらも,それを利用して,私を脅迫しようとしたのはとうてい許せない"として銃口をねらった。
ペク室長は"撃てば後の処理は誰にさせられようとすることか?私を殺して会長様人生もけりをつけようとすることか"として厚かましい目を引き上げてあけた。
赤々と燃える目つきで彼をながめたチャン会長は"私を裏切った代価は一生行うようにしてあげるよ"として後日を念を押した。
チャン会長はジョンウ(チソン)の前で"テヒョク(イワン)がなぜそのようなことをしたのだろうか。
君のためであろう。
君と私の関係がテヒョクとしては理解がいかないだろう"として苦しんだ。
チャン会長は"子供らに怨恨の対象になる私の格好が情けなくておもしろくて,耐えられない"として残念な父性に涙を見せた。
以後窮地に追い込まれたペク室長はジョンヘ(パク・ヒョンジン)に助けを乞おうと訪ねて行ったがジャクソン(ユ・オソンの方)により拒絶されたし,ついにジョンウを殺そうとする計画をたてた。
だがこのような計画は失敗に終わったし,テヒョクと言い争いを繰り広げたあげくついにテヒョクの銃に息をひきとった。
チャン会長とジョンウが見る前で二つの目いっぱい涙が溜まったまま警察に強制連行されたテヒョクは厳しい父の下で育った劣等感に腹違いであった兄ジョンウの存在によってより一層ゆがんだ人物の典型を見せた。
以後テヒョクは刑務所へ向かって,ジョンウとの和解を予感するようになった。
すべての事件が終了した後,検察に強制連行される前日の夜ミヨン(イム・ジョンウン)の肖像画をながめたチャン会長はあらゆる事あきらめたまま"君の自らのために私との悪縁はそれ位に忘れろ"として許しを請うた。
これにジョンウは涙ぐんでチャン会長に"お父さん"と呼んだし,一生の間聞いてみることができないジョンウの呼称に希代の冷血なチャン会長もついに涙を落とし込んだ。
一方ジョンウは自身を後継者として打ち出したチャン会長の提案を断ってジャクソンと共に新しいカジノ事業に飛び込むようになる。
またスヒョン(ソン・ユリ)はやはり公演企画者としての夢を故郷の済州道(チェジュド)で繰り広げるようになった。
またチャン会長は最後にミヨンの墓を探して,人生の最後の悔恨らしい時間を思い出させながら,猟銃で自らをねらって,命を恨み多かった命を終えた。
この日放送末'太陽を飲み込め'とは"愛し方も,和解のし方も習うつもりだ"というジョンウの独白で迂余曲折が多かった若者たちの夢と希望が現実に戻り始めながら,有終の美をおさめた。
'太陽を飲み込め'(テサム)は2003年40%台の視聴率神話を編み出した'オールイン'のチェ・ワンギュ作家とユ・チョリョンPDが意気投合して,早目に話題を集めた。
以後'テサム'は米国,ラスベガスおよびアフリカ最初ロケーションなど壮大なスケールで目を引いたが放送直前ロケ撮影に参加したスタッフ一部が新型インフルエンザ確診判定を受けながら,撮影が一週間以上遅れて関係者らが隔離されるなど迂余曲折を体験した。
'テサム'は新世代演技派俳優チソン.イワンなどをはじめとして,演技力面で定評のあるチョン・グァンリョル,ユ・オソン,チョン・ホビン,イ・ジェヨン,チョ・サングなどが主要配役で出演して,完成度を加えたが2009年ドラマ トレンドに多少合わない精通ストーリーに展開して,多くの視聴層を吸入するのに失敗した。
特に'テサム'はカジノ事業など賭けと男と男の復讐などを描きながら,多少重いストーリーを描き出して,女性視聴者らに無視された。
ジョンウとスヒョン(ソン・ユリ)のラブラインなどが描かれたが当初'オールイン'との差別点で主人公らのあいだラブラインを強調した序盤意図とは違い多少重い復讐劇中心のストーリーに展開して,不明瞭な視聴者らをひきつけるのに失敗した。
巨大スケールに比べて明らかなストーリー構造が惜しみをかもし出したが'テサム'は後半部でますます硬いストーリーラインが生き返って,視聴者らの熱烈な支持を受けた。
多くの製作費が投入された大作ドラマとしてはだいぶ惜しい10%台後半の視聴率に留まったが'テサム'はせっかくの大作ドラマとしての役割を十分にしながら,有終の美をおさめた。
一方'テサム'後続で来る7日から'イケメンですね'が放送される。
パク・セヨンpsyon@newsen.com

元記事はこちら ニュースエン

‘テサム’チソン-チョン・グァンリョル-ユ・オソンやはり演技派!チョン・ホビン-イワン再発見
[2009-10-01 23:43:28]

20091001-006.jpg

[ニュースエン パク・セヨン記者]
SBS水木ドラマ'太陽を飲み込め'(脚本チェ・ワンギュ/演出ユ・チョリョン)が和解と容赦の価値を描き出しながら,25回を最後に放映終了した。
10月1日放送された'太陽を飲み込め'最終回ではチャン・ミノ(チョン・グァンリョル)-キム・ジョンウ(チソン)父子そしてジョンウ-テヒョク(イワン)兄弟の和解と容赦が主要ストーリーに描かれた中で,序盤企画意図のとおり済州道(チェジュド)出身若者たちの夢と野望を広げていく姿が展開した。
ペク室長(チョン・ホビン)との危機一髪を体験したチャン会長はジョンウの前で"テヒョクがなぜそのようなことをしたのだろうか。君のためであろう。君と私の関係がテヒョクとしては理解がいかないだろう"として苦しんだ。
チャン会長は"子供らに怨恨の対象になる私の格好が情けなくておかしくて,耐えられない"として残念な父性に涙を見せた。
ペク室長は一つの船に乗ったテヒョクの銃口に息をひきとったし,瞬間的な失敗に涙いっぱいでテヒョクは刑務所へ向かった。
この場面でテヒョク役を担ったイワンは微妙な感情演技をお目見えして,演技派俳優としての可能性を垣間見られた。
一方すべての事件が終了した後,検察に強制連行される前日夜ミヨン(イム・ジョンウン)の肖像画をながめたチャン会長はあらゆる事あきらめたまま"君の自らのために私との悪縁はそれ位に忘れろ"として許しを請うた。
これにジョンウは涙を浮かべて チャン会長に"お父さん"と呼んだし,一生の間聞いてみることができなかったジョンウの呼称に希代の冷血なチャン会長もついに涙を落とし込んだ。
以後チャン会長は最後にミヨンの墓を探して,人生の最後の悔恨な時間を思い出させながら,長銃で自らをねらって,命を恨み多かった命を終えた。
チャン会長役のチョン・グァンリョルとジョンウ役のチソンは微妙な感情演技はもちろん別名'男の涙'をお目見えしながら,嗚咽演技でも卓越した姿を表わして,演技派俳優の真の姿を見せた。
またジャクソン・リー役のユ・オソンは目つきだけの感情を表現やり遂げながら'義理派'イメージをまた一度刻印させただけでなく軟らかいメロー演技でも強い姿を表わした。
イワンやはり難しい感情演技を無難にお目見えして,今後展望を明るくした。
一方'太陽を飲み込め'(テサム)は2003年40%台の視聴率神話を編み出した'オールイン'のチェ・ワンギュ作家とユ・チョリョンPDが意気投合して,早目に話題を集めた。
'テサム'は米国,ラスベガスおよびアフリカ最初ロケーションなど壮大なスケールで目を引いたが放送直前ロケ撮影に参加したスタッフ一部が新型インフルエンザ確診判定を受けながら,撮影が一週間以上遅れて関係者らが隔離されるなど迂余曲折を体験した。
だが'テサム'は明らかなストーリー展開によって放送初回から水木劇1位を守ったのにかかわらず,自らの最高視聴率が20%に達し得なくてしょげた結果に満足しなければならなかった。
'テサム'後続で来る7日から新しい水木ドラマ'イケメンですね'が放送される。
パクセヨンpsyon@newsen.com

元記事はこちら ニュースエン

やはりセリフがわかれば少し納得もいくのかな....
有終の美...ハッピーエンド???あれがハッピーだったのかなぁ...
ちゃんとセリフが分かれば納得するのかな....
この結論は...KNTV視聴まで持ち越しします....

テーマ:太陽を飲み込め - ジャンル:テレビ・ラジオ


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat! Vol.2 -2009-, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。