Recent entries
2010/01/01 (Fri) そして...Vol.3へ...
2009/12/31 (Thu) 年の瀬を迎えて
2009/12/29 (Tue) テサム12話@KNTV
2009/12/27 (Sun) テサム第11話@KNTV
2009/12/24 (Thu) テサム第10話@KNTV
2009/12/21 (Mon) テサム第9話@KNTV

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久々に~~~いっぱい時間が取れたので...
テサム愛爆発させて記事をお伝えしたいと思います~~~~!!!!!!!!!!



読み応え有るほどの記事量かも...(笑)
時間があると言っても結構はしょりながらの翻訳だったので....
日本語表現がおかしいところも続出してるとは思いますが
あくまでもなんちゃってchoco訳ってことでご容赦願いますね...

それではこちらの記事より~~~スヒョンのテーマに乗せて.........




‘テサム’アフリカ銃撃シーン見どころ充満-可能性不足
[2009-08-14 07:02:46]

20090814-002.jpg

[ニュースエン パク・セヨン記者]
SBS水木ドラマ'太陽を飲み込め'(脚本チェ・ワンギュ/演出ユ・チョリョン)が派手な見どころの中可能性不足した劇展開で惜しみをかもし出した。
8月13日放送された'太陽を飲み込め' 11回では南アフリカ共和国で進行されたロケ撮影分の絶頂が公開された。
劇中チャチャボ王の息子アトゥバを救ってくれという要請を受けたジョンウ(チソン),ジャクソン・リー(ユ・オソン)一行はアフリカに発って,機会を虎視耽々のぞいて結局ことを正しく出すに至った。
スヒョン(ソン・ユリ)との出逢いを配慮したジャクソン・リーの判断によりジミー(ホン・ソクチョン)と一緒にジャクソン・リー一行について行ったジョンウは正体がばれる危機に置かれた同僚らを救うためにそれこそ'格好良く'登場,百発百中の射撃実力を誇った。
銃撃つ姿を前に見るのが難しい男らしい容貌が自然に漂った。
引き続きスペシャル編で味見に公開された南ア共和国ロケーションシーン最高苦労場面が電波に乗った。
ヘリコプター撃墜シーン,銃撃シーンなどで巨大スケールを自慢したこの日放送分は完成度高い撮影技法で見所を十分に提供した。
当時撮影現場で弾丸価格が高くて,実際には弾丸装填なしで撃つそぶりだけしたというユ・オソンのナレーションがオーバーラップされた。
一種のテロを敢行,数多くの子供たち中アトゥバを捜し出したジョンウは彼を連れて行こうとしたがジョンウを信じることができないアトゥバはジョンウに銃を向けて,ついに引き金を引いたし,ジョンウは彼の銃に撃たれた。
以後どれくらい時間が流れたのだろうか。
主舞台はまた済州道(チェジュド)に移された。
チソン一行がアトゥバを救ったことなのか,最近言論を通して公開されたジョンウとアトゥバの間の感動的な場面が公開されないままアフリカシーンが急仕上げされた感じを消せなかった。
もちろん知らされたようにアフリカ ロケ撮影分は来る19日放送される12回まで電波に乗る予定だ。
だが前後過程に対する説明が多少不足したせいで多くの視聴者らがこの日の劇展開に対して当惑しながら,惜しみを表わした。
また現地で脊椎負傷したマ・ドンソク(ガンレ役)が突然主要場面から消えて済州道(チェジュド)に戻って,突然現れたことやはり避けられないことだったが,視聴者らのいぶかしさをかもし出した。
一方この日放送末ジョンウの実父イルファン(チング)がチャン・ミンホ会長(チョン・グァンリョル)という事実が公開されて,今後興味深い劇展開を予感するようになった。
パク・セヨンpsyon@newsen.com

元記事はこちら ニュースエン

そうそうそうなんですよね...
この背景があっという間にあちこち変わっちゃうから掴めないところが多くて...本当に惜しいです。
時間がどのくらい経ってるのか理解するのが難しいしつじつまを合わせるのも難しかったりして...
だけどきっとその穴を後々の話で埋めてくれるような気もするのです...
なるほど...そうだったのか.....
とそう納得できるような展開であってほしいですね^^

‘テサム’チソン-ソン・ユリ初めてのキス運命的愛開始“悲劇ではなくなるのを..”
[2009-08-14 07:03:22]

20090814-001.jpg

[ニュースエン パク・セヨン記者]
俳優チソンとソン・ユリが胸切なるロマンチック キスシーンで視聴者らをひきつけた。
8月13日放送されたSBS '太陽を飲み込め'(脚本チェ・ワンギュ/演出チェ・ワンギュ) 11回ではジョンウ(チソン)とスヒョン(ソン・ユリ)の劇的再会と一緒に,長い間の愛を花を咲かせ始めた彼らの姿が描かれた。
公演企画者に変身したスヒョンはアフリカで公演を進行している間たまたまジョンウがいるという消息を聞くようになる。
道が交錯して,二人の出逢いが不発されるようだったがジャクソン・リー(ユ・オソン)等がジョンウをおいて現場を離れたし,これにジョンウは劇的にスヒョンに会うようになった。
突然離れてしまったジョンウを1年余りぶりにみたスヒョンは"なぜ一人で傷ついて一人で愛するのか?そのようなバカな愛がどこあるのか?"と問い詰めながら涙を浮かべたし,以後ジョンウのスヒョンに対する懺悔がなされた。
幼い時期からスヒョンを片思いしてきた自身の姿を打ち明けたこと。
ジョンウは"その小娘(スヒョン)のみかん農場を台無しにしようとその家にしのび込み彼女のチェロ演奏音に導かれた"と初めての目にほれたと話した。
引き続き"もしその子供に会うのなら自分の中のすべての汚点がなくなった後になるのを望んだ"と話した中で"そのような私の存在を表わしたくなくて遠く足元でながめるばかりだったの。
私のような奴が君を愛するのは罪だから"と話した。
ジョンウの話を皆聞いたスヒョンは知らなかった二人の縁に涙を浮かべながら,ジョンウに近付いて抱きしめてキスを分けた。
だが以後一夜を共に送った二人.
ジョンウはスヒョンの傷を自身が治癒するという志を立てて突然アフリカに発った。
漠然と待つことを後にしたまま。
一方この日放送ではスヒョンを慕うテヒョクがスヒョンから心情的に拒絶される場面と共にアフリカ銃撃シーンなど派手な見どころが電波に乗った。
パク・セヨンpsyon@newsen.com

元記事はこちら ニュースエン

ジョンウの話した内容が気になって気になって....そうそうそうなの...
ジョンウは生まれて初めて恥ずかしいと感じたのがスヒョンとの出会いから生じたものであって...
その恥ずかしさを克服して立派になろうと決心していくわけだったのですね。
立派になって再会したかったのに...
再会したのがチャン会長に自分の魂を売ってしまった後だったと...
改めてまた自分の恥ずかしさを知ることになったようですね...
罪ばかりの自分の人生だからスヒョンには罪を犯したくなくて
だからこそ...気持を納める事しかできなかったという...
スヒョンにとって抱きしめてほしい...いや....抱きしめたい人だったからこそ...
ここではさらに熱い抱擁になったに違いないのでしょうか...
ほっぺのキスあれから1年?仕事オンリーだったスヒョンの心を捉えて離さなかった人が
目の前でそんな告白をしたならば...
抱きしめずにはいられないでしょう......オオ!!!女神スヒョン~~~~~@^^@

'テサム'チソン-ソン・ユリ命を賭けたキス,ひやっとしたベッドシーン!
2009.08.14(金) 07:25

20090814-006.jpg

[TVデイリー=ク・ヘジョン記者]
チソンとソン・ユリが恋人に新たに出た。
13日放送されたSBS ‘太陽を飲み込め’ではアフリカで再会するようになったジョンウ(チソン)とスヒョン(ソン・ユリ)の切ない愛が描かれた。
ジョンウは幼い時期初めて会ったスヒョンとのことを顧みながら,愛を告白した。
ジョンウはスヒョンに“私のような奴が君を愛するのは罪を犯すこと”として“私が百回千回罪を犯して生きるが君にだけは罪を犯して生きないと誓った”と告白した。
スヒョンはジョンウがラスベガスで自身の愛を受け入れなかった理由を知るようになって,目じりにつゆが固まった。
引き続きスヒョンはジョンウにゆっくり抱かれて涙を流した。
すぐスヒョンはジョンウのほおを包んで口を合わせた。
夕陽が落ちる川辺を背景にジョンウとスヒョンの甘いキスシーンが描かれた。
一方,ジョンウとスヒョンは共に夜を送るようになった。
スヒョンの濃いキスが描かれながら,朝になった。
ジョンウはスヒョンに戻るというメッセージを残したままジャクソン(ユ・オソン)と友人らが発った内戦地域に向かった。

20090814-007.jpg

ク・ヘジョン記者star@tvdaily.co.kr

元記事はこちら TVデイリー

'テサム'チソン-ソン・ユリ歳月の傷溶かしたキスシーン
2009年08月14日(金) 03:37:02イ・ヘミ記者pi@pimedia.co.kr

20090814-006.jpg

[TVリポート] 13日放送されたSBS ‘太陽を飲み込め’がジョンウ(チソン)とスヒョン(ソン・ユリ)のロマンチックなキスを描き出しながら,本格ラブラインの始動をかけた。
去る放送でジョンウはスヒョンを初めて見た話を聞かせながら,ロマンチックな愛告白を渡した。
スヒョンやはりジョンウに向け好感を持っていて.
結局これを受け入れたスヒョンがジョンウを抱きしめることで二人のキスは成し遂げられた。
ラスベガスでの‘頬キス’に成功した二人がついに切ないキスを分けた。
これはドラマ上三番目キス.
劇序盤テヒョク役のイワンと当時カメオ出演したシム・ウンジンの強烈なキスに続きイワンと劇中ミラン役のソ・イヒョンの甘美なキスが繰り広げられたことがある。
この日放送では真の愛を悟ったジョンウとスヒョンが‘一夜’を送った。
ベッドに横になって,お互いを抱きしめた二人は隠しておいた内心を打ち明けながら,また一度口を合わせた。
特にスヒョンはジョンウとの初めての出会いを思い出しながら,彼の傷を抱いた。
“私の前でミカンを踏みにじったその子供の目つきを思い出す時があって。
私が一度も見たことがなかったとても悲しい目つきだったの。
後ほどジョンウ氏とまた会った時はその子供がジョンウ氏であるとは想像もできなくて目つきが本当に悲しいと見られたの。
私もジョンウ氏がそうしたように私の霊魂を売ってしまったかもしれなくてジョンウ氏が過ごした歳月を振り返るとぞっとするほど傷ついて汚点だらけなの。”
一方この日放送された‘太陽を飲み込め’ではアフリカ オールロケで進行された戦闘シーンが公開された。
約20余分間空と山を行き来しながら繰り広げられた戦闘シーンがその威容を表わしながら,緊張感を加えた。

元記事はこちら TVリポート

スヒョンがベッドの上で話したことはこういうことだったんですねぇ...
自分の過去にもどれほどの汚点を感じながら過ごしてきたという...スヒョン...
ジョンウの悲しそうな目つきを受け入れるスヒョンはきっと同じくらい悲しい過去を背負っているからとも
感じてしまいますね...
そして...ジョンウの残すメッセージが意味するものは....
何故ジョンウが行かなければならなかったのか....なかなか理解できなかったけど次のこの記事を読んで
そうだったのか....と思えたのです....

スペクタクル'テサム',チソン-イワン差別化された愛の方法も魅力ムン・ヨンソン記者lococo@asiae.co.kr
2009.08.13 23:12

20090814-010.jpg

[アジア経済新聞ムン・ヨンソン記者]
SBS水木ドラマ‘太陽を飲み込め’で主人公チソンとイワンが劇中ソン・ユリに対して互いに違う愛の方法を見せていて関心を引く。
映画のようなスペクタクルある映像と人物らの多様なキャラクターで視聴者らにアピールして,水木ドラマ部門頂上を維持している‘太陽を飲み込め’でチソンが演技するジョンウとイワンが引き受けたテヒョク,二人の男の差別化された愛の方法はドラマのまた他の魅力で席を占めている。
チンピラと海女の間で生まれた私生子出身で線太いカリスマを発散しているジョンウは孤児院で幼年時代を送りながら,荒々しく成長して,復讐と成功を渇望する反抗的な人物.
だがチャン・ミンホ会長(チョン・グァンリョル)の息子テヒョクはお父さんの王国を受け継ぐためにホテル経営授業を受けるかと思えば上流層のマナーと国際ビジネスを習っていく典型的な財閥2世だ。
成長過程とキャラクターが違って見たら彼らが繰り広げる愛の表現方式も明確に違う。
ジョンウは野生馬のような気質の中でも愛する女の前にだけ書面限りなく暖かくなる純正派であり,女にたやすく近寄ることができない反面,イワンは強大な財力を土台に女に傲慢なように見えるほど猪突的な表現方式を選ぶ。
13日放送分でジョンウはアフリカ傭兵生活中偶然にスヒョン(ソン・ユリ)に会って,過去孤児院時期を説明しながら,二人の縁を再確認した。
幼い時期から受け継いできた切ない感情を確認した二人は初めてのキスに続き一夜を共に過ごす。
だがジョンウのスヒョンに対する愛は軟らかくて用心深い。
お互いの愛を確認しながらもジョンウは自身の任務を遂行するためにスヒョンが目覚める前傭兵同僚らがいる所へ向かう。
スヒョンに決して恥ずかしくない男になると決心したため。
弾丸が降り注ぐ血なまぐさい場所でジョンウは命をかけてチャチャボの息子を探しに出る。
自信ができる前まではスヒョンに近付かない考えだ。
反面テヒョクはスヒョンが南アフリカ共和国に行っているのでジョンウがアフリカに傭兵に行っているという事実を聞いて,直ちにスヒョンに電話をかける積極性を帯びる。
彼は‘いつまで待たなければならないの?’と直接的に尋ねる。
“君が僕をはやく見てくれたら,君の心が僕を許してくれたら良い”と勧めるのに躊躇することがない。
テヒョクの押し通す愛はまだ分からないジョンウの愛と別に時々スヒョンの心を揺さぶる。
だがスヒョンが待つ人はジョンウだけ.
テヒョクはそれを分かりながらも,スヒョンに対する心をたたむことができなくて,自身の人で作る計画を緻密にたてる。
愛を勝ち取るために手段と方法を分けない態勢だ。
結局いくらスヒョンの心がジョンウに向かっているといってもチャン・ミンホとテヒョクの力に屈服できないのがドラマが企画しておいたスヒョンとジョンウの運命.
'太陽を飲み込め'というスペクタクルあるアクション映像と合せてこのように複雑微妙なラブラインを加味することによって興味を誘発する。
ムン・ヨンソン記者lococo@asiae.co.kr

元記事はこちら アジア経済新聞

もう~~~ムン記者はドラマが始まる前からなんとなく気になっていた記者さんでしたが...
やはり突っ込みどころが他と違って読んでて面白いですね~~~
大好きなハ・スナ記者が7/31を最後に最近記事を出していなくて...さびしかった所に
久々ムン記者の記事を読んでときめいてしまったchocoでした...

なるほどジョンウはスヒョンに恥じない男となるために...
命を賭けていくとは...そしてスヒョンの傷を癒してあげないといけないから...
必ず、必ずや戻ってこなくては....ってことですね...

そしてまだまだありますこんな記事...

'テサム'チソンパンドラの箱,'出生の秘密'を開く! 
'出生の秘密'知るようになったチソン,父への復讐開始!

2009.08.14(金) 07:26

20090814-011.jpg

[TVデイリー=ク・ヘジョン記者]
チソンがいよいよ‘出生の秘密’を知るようになった。
13日SBS ‘太陽を飲み込め’ではジョンウ(チソン)がスヒョン(ソン・ユリ)に会うために済州道(チェジュド)を探した。
イ・スチャン(アン・ネサン)殺人犯に追い詰められて追われるように済州道(チェジュド)を離れたジョンウは久しぶりに戻ったのだ。
ジョンウはギサンを探して,済州道(チェジュド)にあってもかまわないのかと尋ねた。
ギサンは“殺害疑惑を脱いだので警察署に出てきて簡単な調査だけ受ければ良い”とした。
ギサンは“真犯人で疑われる人がいる”として用心深く口を開いた。
引き続きジョンウに“チャン・ミンホ(チョン・グァンリョル)会長が分かるか”として尋ねると“その人とその人息子に返すことがある”と復讐に対する意志を明らかにした。
ためらうギサンは息子が父に対し復讐するのを見られなくて,ジョンウ出生の秘密を公開した。
“イ・スチャン殺人犯私が心証行く人が誰なのかわかるか?チャン・ミンホ会長だ。
君が探したキム・イルファンがチャン・ミンホだ。
自分の過去を埋めておくためにイ・スチャン殺したのだ。チャン・ミンホが君の父なんだ!”
ジョンウはパンドラの箱のように出生の秘密を知るようになったのだ。
自身を捨てた父チャン・ミンホに対する本格的な復讐が描かれて,視聴者らの耳目を集中させる予定だ。
一方,‘太陽を飲み込め’という視聴率(AGBニルソン) 17.1%を記録した。
KBS ‘パートナー’は12.7,MBC ‘魂’は9.6%を現わした。
ク・ヘジョン記者star@tvdaily.co.kr

元記事はこちら TVデイリー

ジョンウはスヒョンを探しに済州島へ帰ってきてたの?????????
ってことは12話では.....!?!?!?!?
めっちゃめちゃこれは気になってきました...
殺人容疑も晴れた今、父がチャン会長と知ってどのようにジョンウは生きる道を選んで行くのでしょう...
スヒョンとはどうなっていくのでしょう...
ストレートな愛を望むけれど...そうはいかない場面が出てきそうで...
来週まで悶々としそうですね...

さてさて記事を通じて振り返る11話はいかがでしたでしょうか???
久々に時間に余裕ができたので大盤振る舞いしちゃいました...
本来ならこのペースで頑張っていたはず...(^^;ゞポリポリ

なかなかいつもはできないけど...11話はことのほか気になることが多かったのでやっちゃいました...
ではでは....またまたお目にかかります~~~

テーマ:太陽を飲み込め - ジャンル:テレビ・ラジオ




チョコさん こんばんは(*^_^*)

旅行にはパソコン持っていかなかったんでリアル視聴ができなかったんですm(__)m

これからダウンロードします☆

記事に載ってる画像を見て期待が高まりますp(^^)q
ユリちゃんのああいうキスシーンはギルドンにはなかったからかなり久しぶりですよね~

かなり楽しみです(o^∀^o)
【2009/08/15 23:13】 URL | クー #z8Ev11P6[ 編集]
クーさん、☆お(^^)☆は(^o^)☆よ(^_^)☆う(^O^☆♪

ギルドンとは全く違うユリちゃん~~
きっときっと10話、11話見たらもう熱烈になっちゃうこと間違いなしですよ~~!!!
また感想もお聞かせくださいね^^

【2009/08/16 10:34】 URL | choco #-[ 編集]
チョコさ~ん

リアル視聴もいまのところ しっかりできているのですが
なかなか コメントする時間がとれなくて・・ちょっとで遅れですが 11話を見ての感想どうしてもかきたかったので・・・

ユリちゃんの情熱的で 大人な!?キスシーン見れて大感動です~ 
私もキスお宅!?なもので^^ ・・フフ 
ユリちゃんホントに お上手でしたね^^・・今回はユリちゃんと言うよりスヒョンそのもので・・ 安心して!?見ていられました。・・・と言うのもキスの前の(長くて綺麗な)手の演技 そして ジョンウを見つめる表情がたまらなく良かったから!!
あんな瞳で見つめられたら ナムジャはいちころですね^^
私もいちころでしたが・・・^^
私の中でもあのキスシーンは色んな意味でかなりベストなシーンになちゃいました~。
何度見ても美しいですね~^^

ユリちゃん素敵なシーンをありがとう~!!
【2009/08/16 14:50】 URL | チョチ チルチル #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat! Vol.2 -2009-, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。