Recent entries
2010/01/01 (Fri) そして...Vol.3へ...
2009/12/31 (Thu) 年の瀬を迎えて
2009/12/29 (Tue) テサム12話@KNTV
2009/12/27 (Sun) テサム第11話@KNTV
2009/12/24 (Thu) テサム第10話@KNTV
2009/12/21 (Mon) テサム第9話@KNTV

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



昨夜の放送を受けてのメディア記事...なんだか少ないんだけど・・・





いつも翌朝になったらお目見えするメディア記事たち・・・
何故か今日は視聴率の話題ばかりで内容に関する記事の数がぐ~~~んと少ないんです(TーT)
どうしてかな・・・その中でも必死に見つけ出したので(笑)そちらをお伝えします。

'テサム'チソン出生の秘密公開'暴風前夜',チョン・グァンリョル息子!
TVデイリー原文記事転送2009-07-30 08:21

20090730-002.jpg

[TVデイリー=ク・ヘジョン記者]チソンがチョン・グァンリョルの息子とあらわれた。
29日SBS ‘太陽を飲み込め’ではジョンウ(チソン)が国土建設団で済州(チェジュ)にきたお父さんイルファン(チング)を探すための努力が描かれた。
ジョンウはテヒョク(イワン)が犯した殺人罪をかぶって刑務所に服役中だ。
当時イルファンを捕まえて行った国土建設団スチャン(アン・ネサン)がジョンウと同じ刑務所で無期囚で服役している事実が知らされながら,波紋を予告した。
だがスチャンはジョンウとギサン(イ・ジェヨン)にイルファンに対する何の話も打ち明けなかった。
これにジョンウは休み時間スチャンを訪ねて行ってジョンウは“キム・イルファンという人は済州(チェジュ)から引っ張られて行った後どうなりましたか。おっしゃって下さい”とお願いした。
スチャンが“キム・イルファンとどんな関係が”と尋ねて,ジョンウは“自分の父です”として淡々と話した。
引き続きジョンウは“私は顔一度見たことがないのです。
その時その人が人質で捉えていた方が自分のお母さんです”としてスチャンの記憶を想いうかべるようにさせた。
“私は生まれるやいなや捨てられて,お母さんの顔も見たことがないです。
自分のお母さん人生を亡ぼしておいて,私のように汚い血筋を世の中に残したその人がどのように住んでいるのか,必ず知らなければなりません。”
ジョンウの切実な要請にスチャンは何も言うことができなかった。
そのようなある日スチャンがジョンウを先に訪ねてきた。
ジョンウがスチャンに領置金を入れたのだ。
スチャンはジョンウに“房で20年以上生きながら領置金受けることは初めてだとちょっと驚いたところで”として有り難みを表わした。
ジョンウが“今後もずっと入れて差し上げます”と話して,スチャンは“そうしても効果はない。
私はどんな話もしない”と区切って話した。
ジョンウが“それなりの理由でもあるのですか”と尋ねて,スチャンは難解な一言をして消えた。
“お前を大切にしろ。
キム・イルファン,その人間に対しては知らずに生きるのがより良いから...”

20090730-003.jpg

一方,予告篇で出所したスチャンがチャン・ミンホ会長を訪ねて行く場面が描かれて,ジョンウが探したお父さんイルファンがチャン・ミンホ会長であることを暗示した。
ジョンウは偶然にユ・ガンス(キム・ヨンゴン)からチャン・ミンホ(チョン・グァンリョル)会長の命を救い,縁を結んだ。
チャン会長の息子テヒョクが罪を犯して,代わりに刑務所に収監された。

元記事はこちら TVデイリー

気になっていた会話たち....少しずつひもが解けるとなおのことドラマに入ってしまいますね...
さてさて今夜いったいどのような展開となるのでしょうね...



'テサム'ストリップショー-情事扇情性論議,'15才観覧合って?'
TVデイリー原文記事転送2009-07-30 08:06

20090730-004.jpg

[TVデイリー=ク・ヘジョン記者] SBS ‘太陽を飲み込め’(以下‘テサム’)が濃い情事シーンとストリップショー演出でテレビ劇場視聴者らを刺激した。
29日‘テサム’ではスヒョン(ソン・ユリ)のルームメートサンミ(キム・セロム)が白人男性と情事を繰り広げる場面が描かれた。
引き続きスヒョンのお隣りに生きるストリッパーチョンヘ(パク・ヒョンジン)と縁が紹介されながら自然にストリップショーが演出された。
ラスベガスを背景に繰り広げられた‘テサム’の派手な見どころ裏面に刺激的な設定が視聴者らを眉をひそめるようにさせた。
‘テサム’は15才以上視聴が可能だ。
中学校2学年学生から視聴できるドラマに情事場面が登場して,ストリップショーが登場したのだ。
先立って‘テサム’は行き過ぎた暴力的な場面で視聴者らに袋叩きにされたことがある。
またチャン会長(チョン・グァンリョル)がジョンウ(チソン)一行に向かって,空気銃を突きつけながら攻撃する場面はひやっとすることを演出した。
青少年らが銃器に対する危険さを感じることができなくて俳優のカリスマで包んで感じたらそれだけに危険なこともない。
メディア研究には扇情的で暴力的な映像を持続的に接した青少年らはそれだけ犯罪に簡単に陥るという結果がある。
刺激的で扇情的なドラマを作りたいなら製作スタッフは事前に放送会社と視聴可能年令を調節しなければならない。
MBC ‘友人,私たちの伝説’(以下‘友人)は‘19才以上’視聴を宣言して,たとえ視聴率は低調だがメディアとして視聴者と守らなければならない良心を守った。
一方,‘太陽を飲み込め’はストリップショーの効果で視聴率がびっくり上昇した。
‘太陽を飲み込め’は視聴率(AGBニルソン) 17.3%を現わした。
MBC ‘トリプル’ 5.2%,KBS ‘パートナー’ 11.0%を記録した。

元記事はこちら TVデイリー

う~~~ん...確かにこの2場面については...
家族で見るには???もう笑いあって見るしかないかなぁ...
子供には刺激的かなぁ...スヒョンがあれだけあんぐりするくらいだもんね(笑)
ストリッパーになったというエイミーの描かれ方はどこら辺までかなと思っていましたが
結構長く写っていましたね...視聴率に貢献と言われてもしかたのない場面だったかもしれませんね。
何よりも本日惜しいのは...スヒョンのあの誕生日の記事がひとつもないということ....
いったいどうなってんだ~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!
あの場面が完全にジョンウとスチャンとのやりとりや情事にかき消されてしまったのかな....
惜しい~~~~~~~~~惜しすぎます....。・゜゜・(>_<)・゜゜・。

テーマ:太陽を飲み込め - ジャンル:テレビ・ラジオ


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat! Vol.2 -2009-, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。