Recent entries
2010/01/01 (Fri) そして...Vol.3へ...
2009/12/31 (Thu) 年の瀬を迎えて
2009/12/29 (Tue) テサム12話@KNTV
2009/12/27 (Sun) テサム第11話@KNTV
2009/12/24 (Thu) テサム第10話@KNTV
2009/12/21 (Mon) テサム第9話@KNTV

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


テサムのストーリーに関する記事とキム・セロムさん...
それからユリちゃんの記事を改めて....@^^@

ん???この写真はいったい....

20090714-017.jpg







'テサム',チ・ソン-ソン・ユリ-チョン・グァンリョル本格登場…緊張アップ面白味アップ
2009-07-14 16:16:19

20090714-014.jpg

[マイデイリー=アン・ヒョウン記者] SBS水木ドラマ'太陽を飲み込め'が2回からチ・ソン,ソン・ユリ,イワン,チョン・グァンリョルなど主役俳優らが登場しながら,本格的な話展開に突入する。
9日初回で男主人公ジョンウ(チ・ソン)の悲劇的な出生の秘密を扱って,15%に肉迫する視聴率を記録した'太陽を飲み込め'は2回からチ・ソン,ソン・ユリ,イワン,チョン・グァンリョルなどが出てきて絡まり混ざった関係を描き出す予定だ。
孤児院で不運に育ったジョンウが金持ちの家娘スヒョン(ソン・ユリ)を初めて知るようになる過程と自身が動かすチャン・ミンホ会長(チョン・グァンリョル)と彼の息子テヒョク(イワン)を通じて,大学生になったスヒョンと再会する姿,チャン会長が同業者であるスヒョンの父ユ会長を裏切りながら始まるジョンウ,テヒョク,スヒョンの悪縁などが展開する。
また6,7,8回では放映前から話題になった南アフリカ共和国,ヨハネスブルク,米国,ラスベガスで撮影された壮大なスケールの場面らが繰り広げられる。
ヨハネスブルクでのアクションシーンとラスベガスでの'太陽のサーカス'はすでに1回でその派手さとスペクタクルさを少しの間お目見えして目を引いたことがある。

20090714-015.jpg

'太陽を飲み込め'関係者は"チョン・グァンリョル,チ・ソン,ソン・ユリ,ユ・オソン,イワンなど俳優らの演技力に劇的緊張感が大きくなることであり,南アフリカ共和国,米国,ラスベガスなどで繰り広げられるきらびやかなアクション場面は視聴者らの好奇心を刺激するだろう"と明らかにした。
[SBS '太陽を飲み込め'の男女主人公のチ・ソン(一番目の写真左側)とソン・ユリ.劇中悪役の財力家チャン・ミンホ会長役のチョン・グァンリョル(下写真).写真=SBS]
アン・ヒョウン記者pandol@mydaily.co.kr

元記事はこちら マイデイリー

第2話のベールが少し剝されてきた感じ....
思ってたよりも早くからチャン会長の登場に始まるようで...第2話がますます楽しみです...
そしてアフリカは6.7.8話に出てくるのね...きっとそれ以前もラスベガスもありで~~~
前半戦からすでにすごく見ごたえありそうですね^^

俳優変身キム・セロム‘太陽を飲み込め’チーム ハッピーウイルス自ら要望
[2009-07-14 23:25:01]

20090714-016.jpg
20090714-017.jpg

[ニュースエンパク・セヨン記者]
モデル兼放送関係者キム・セロムがSBS水木ドラマ'太陽を飲み込め'(脚本チェ・ワンギュ/演出ユ・チョリョン)を通じて,演技者に変身した。
最近米国,ラスベガスで撮影を終えて戻ったキム・セロムは現在ソウルと済州道(チェジュド)を行き来しながら'太陽を飲み込め'撮影に臨んでいる。
劇中スヒョン(ソン・ユリ)の友人サンミ役を担ったキム・セロムはキャラクターの明るくてあっさりした性格のようにいつも明るく笑いながら,撮影場の雰囲気を一度に浮かす雰囲気メーカーの役割を正確にしているという伝言だ。
劇中ガンレとセドルの間で三角関係を形成するようになるキム・セロムは'太陽を飲み込め'スペシャル放送の時から震える気持ちで自身の登場を待っている。
キム・セロムは7月16日放送される'太陽を飲み込め' 3回から本格的に登場する。
パク・セヨンpsyon@newsen.com

元記事はこちら NEWSEN

いいお写真がまたまた出てきましたね^^
スヒョンの親友サンミを追えば...ユリちゃんもちらほら見えるんだということで...
しかも可愛い助手席姿に(*^^)//。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆ パチパチ

ソン・ユリは頑張り屋さん?
2009/07/14(Tue) 14:10

20090714-012.jpg

話題作『太陽を飲み込め』(脚本チェ・ワンギュ/演出ユ・チョルヨン/制作ニューポートピクチャーズ)で、ヒロイン役で熱演中のソン・ユリが、公演企画者として成功する逞しい女性の姿を見せている。

スヒョン役のソン・ユリは、裕福な家で生まれたが、両親が謎の事件に巻き込まれて、家が崩壊した。このために一人になったスヒョンは、音楽大学院に通って専攻のチェロで課外アルバイトをし、カフェではピアノ演奏を、そして友人のサンミ(キム・セロム)と共に東大門のファッションモデルとして活動する。その後公演企画者という夢を抱き、米ラスベガスに渡ったソン・ユリは、クリーニング屋の仕事まで消化するいわゆる“マルチ型”ハツラツ女性として熱演する。

ソン・ユリは、ソウルと西帰浦、そしてラスベガス、アフリカで繰り広げられる駆け足シーンと自転車シーン、重い洗濯物をてきぱき運ぶシーンなど、ハードな撮影でも逞しさを発揮、全く大変そうな表情を見せなかった。特に一緒に公開されるチェロとピアノを上手に演奏し、スタッフから拍手喝采を浴びた。

20090714-013.jpg

責任PDのSBSドラマ局キム・ヨンソプCPは「最近自分の目標を実現するために、難関を克服していく女性たちの実際事例を多く見ることができる。ドラマのスヒョンも、公演企画者という夢を実現するため、様々な仕事を体験しながらも勝ち抜いて行く逞しい女性の姿を披露している」と説明した。[写真=SBS]

元記事はこちら Innolifeさん

やはり....しっかりとした人が翻訳している記事を読むとどこか安心したり...
自分のなんちゃって翻訳の未熟さを感じながらいつも読み返しています(笑)
ってことで皆さんも日本語の記事でしっかりと確認してくださいね^^
常にchocoの記事はなんちゃって翻訳ですので~~あしからず....


テーマ:太陽を飲み込め - ジャンル:テレビ・ラジオ


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat! Vol.2 -2009-, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。