Recent entries
2010/01/01 (Fri) そして...Vol.3へ...
2009/12/31 (Thu) 年の瀬を迎えて
2009/12/29 (Tue) テサム12話@KNTV
2009/12/27 (Sun) テサム第11話@KNTV
2009/12/24 (Thu) テサム第10話@KNTV
2009/12/21 (Mon) テサム第9話@KNTV

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日オープンしたテサム公式HP....
沢山のコンテンツを今から期待しそうです...
その中でもやはり気になるのはイ・スヒョンという人物...
そうです...彼女をもっと知りたいのです!!!!

cast_chrtCon2_On.jpg



という事で...早速HPで紹介されていた登場人物のページのイ・スヒョンについて...
なんちゃってチョコハングルにて解読してみました^^

cast_tesamu002.jpg

日本語の表現が堅苦しいところは多めに見てください...
国語力が低いchocoですので上手く表現できない部分もありますが...
大部分は理解していただけるのではないかと思います。
今後もなんちゃってチョコハングル的に...人物紹介をしていきたいと思います...
実は...一人ひとりをしっかりと読んでいると物語前半部分のストーリーが描けていくかもしれない...
というほど人物描写をしっかりと発表してくださっているのです^^
つまりは...ハングルが聞き取れなくても想像の中で人物のやりとりも描けるのでは?
とも考えられるほどです^^

スヒョンの立場として幼いころのジョンウに対する気持ちは記憶にはないものの
きっと心のどこかで記憶していて...恐らくジョンウを見ているうちにそんな心の記憶が
呼び起されていくのでしょうね...
テヒョクという男性とどのような付き合いをしていくのか...
そしてジョンウとどうやって出会い心を動かされていくのか...
愛よりも仕事を取るくらいの情熱を持つスヒョンだという前評判...
いったいこの女性が選ぶ道、進む道はどのような道になるのでしょう...
終わりもなく押し寄せる運命の波をどうやってかきわけ切り抜いて行くのでしょう...

同じ女性としてどこか共感をもちながら、憧れを持ちながら...
スヒョンと共に数か月このドラマを見ながら過ごせるという幸せを...
本当に今期待いっぱいに待っているところです^^

本当に楽しんでいきましょうね!!!スヒョンと共に....:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:

Img0402_20090619105448_1[1]

dl02.jpg

テーマ:太陽を飲み込め - ジャンル:テレビ・ラジオ




チョコさん、おはようございます~

 スヒョンの人物紹介にもテヒョクのことがいっぱい書いてあって嬉しいです。
 昨日の記事はやっぱりイワンでしたね。ペンとしてはかなり悔しいですi-238
 
 テヒョクの人物紹介、ヘタっぴですが翻訳してみましたi-229
 参考にもならないと思いますが・・・

 テヒョクは10歳になる時まで一度も父を見たことがなかった。
  いつも病気にかかって大変だった母とともに山町内でみじめに生きなければならなかった。 
 だが温かい性分に英敏な子供であったテヒョクは立派だったし優しかったし石英のようにしっかりしていた。

 母が亡くなった後、テヒョクを見知らぬ息子が訪ねてきて、彼らに従って生まれて初めて乗用車に乗って,向かった大邸宅で「お父さん」という人に初めて会った。
 自分に母に少しもすまないと思わないで堂々とした父の態度。
 テヒョクは父を懐かしがっただけに,父を憎悪することになった。

 そんなテヒョクの前にある日父が送ったジョンウが現れる。
 テヒョクは自身がそのように軽べつする父の目に入って,人生逆転を狙うジョンウを無視するがある瞬間から彼を友人で対し始める。
 ジョンウが自身の罪をかぶってキム方に行くことになった時心から彼に申し訳ない思いを感じて。 
 父に背信に会った後消えてしまったという話を聞いた時も心の片隅が重かった。
 ジョンウが復讐しようとすればそれしきのこと一回ぐらい受けてあげたい心もあった。

 それでもスヒョンは違った。
 スヒョンは彼になくした感情を生き返らせるようにした,シニカルな冷笑の代わりに微笑を浮かべるようにさせた唯一の女ある。
 父の王国を投げ捨てて自分だけの王国を建設するという夢を見るように作ったのもスヒョンだった。
 スヒョンと同じ夢を見たくて,米国留学を選択したしスヒョンが身を置いている太陽のサーカス アジア事業パートナーになった。
 だがそのすべての努力がジョンウの登場で揺れ始めて,ジョンウを倒すことを決心するけれど・・・



 「キム方」っていうのがよくわからなかったです。
 その他も妙な日本語ですが、申し訳ないです。

【2009/06/20 11:01】 URL | sopranoゆう #eBE9POhY[ 編集]
sopranoゆうさん~~こんにちは~\(^o^)/

テヒョクの翻訳ありがとうございました^^
チョコも自分なりに訳しましたが本日...記事に上げたテヒョクの紹介の方ではsopranoゆうさんの翻訳も十分参考にさせていただきました。
感謝です~^^
疑問のあった「キム方」というところですがあそこは감방(カムバン/監房)になるようです...
テヒョクの罪を被ってジョンウは監房へ行くんですね...
きっとその事件で二人の関係がまたややこしい事にもなりそうです...
ですがテヒョクという人物は正直で純粋な気がします。
その純粋さが砕けた時にきっとチャン会長と強固に結ばれてしまうのかな...
でも最後までテヒョクに純粋な気持ちがあることを願っています。

【2009/06/21 11:41】 URL | choco #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat! Vol.2 -2009-, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。