Recent entries
2010/01/01 (Fri) そして...Vol.3へ...
2009/12/31 (Thu) 年の瀬を迎えて
2009/12/29 (Tue) テサム12話@KNTV
2009/12/27 (Sun) テサム第11話@KNTV
2009/12/24 (Thu) テサム第10話@KNTV
2009/12/21 (Mon) テサム第9話@KNTV

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ユリちゃんはちょっとだけど...気になる記事をひとつ...^^





韓国で今、歌手が続々演技に挑戦

20090113-001.jpg

 歌手の舞台は狭すぎるのだろうか。さまざまな分野で歌手たちの活躍が目覚ましい。最近、各種バラエティー番組をはじめとした芸能番組で大活躍し、エンターテイナーとしてもその才能を発揮している歌手たちが、続々と演技にまで領域を広げている。今ではドラマや映画で歌手らの姿を見かけても驚く人はいない。

 話題の中でスタートしたドラマ『花より男子』(KBS第2)ではSS501のリーダー、ヒョンジュンの存在が光を放っている。バラエティー番組『日曜日、日曜日の夜に』(MBC)の「私たち結婚しました」のコーナーで天然キャラを発揮したヒョンジュンが、イケメン4人組「F4」の一人、ユン・ジフ役でドラマデビューをした。

 東方神起のジェジュン(ヒーロー)は今年上半期に放送される予定のドラマ『天国の郵便配達人』(SBS)で主演を務める。ジェジュンが演じるシン・ジェジュンは植物人間で、魂となって現実世界をさすらう人物だ。

 『どうかしていたの』でセクシーな魅力を振りまいたソン・ダムビはハリウッドに進出する。ユニバーサルが制作する『Hype Nation』のヒロインとして、華やかなダンスの実力をアピールする。このほか、ペ・スルギは映画『ファイナル』でマフィアのボスの娘で殺し屋を演じ、ハリウッドに進出する。

 さらに間もなく最終回を迎えるドラマ『君は僕の運命』(KBS)では少女時代のユナが主人公を熱演し、すでに最終回を迎えた『チュンジャさんちはお祝いね』ではSUPER JUNIORのキム・キボムが若者と中高年層の視聴者の壁をなくした。このほか歌手デビューしていたミン・ヒョリンも、ドラマ『トリプル』(MBC)のヒロインに抜てきされている。

 若いアイドルグループのメンバーを中心にした歌手たちの相次ぐ俳優への転身は、歌謡界のアイドル全盛時代とともに注目される変化だ。実際、元歌手たちのドラマや映画への挑戦は過去にもあった。しかしRAIN(ピ)やSHINHWAのエリック、Fin.K.Lの元メンバーであるソン・ユリらを除けば、俳優として比重ある役を演じ、トップスターとしてとどまっている歌手は多くない。

 しかし、デビュー前から演技と歌を同時にレッスンしてきた若い新鋭たちが一斉に登場したことにより、これまでの常識が覆されている。ある芸能関係者は、「最近は歌手としてデビューしたものの、歌以上に演技のレッスンを受けてきた新人が増えている。YGエンターテインメントやSMエンターテインメントなど、大型の芸能事務所が歌手だけでなく演技にまで活動領域を広げることのできる万能エンターテイナーを育てていることにより、あらゆる分野で活躍できる歌手たちが登場した」と語った。

 供給以上に需要も高い。歌手として認知度を高め、ファン層を確保した新人俳優たちは、キャスティングの時点で既に高い評価を得る。作品の話題性を高めることができるからだ。過去に根強く残っていた元歌手の俳優に対する視聴者や観客の先入観も大幅に減り、演出者や俳優たちもこれを自然な変化として受け入れている。

 日本では木村拓哉のように、歌手と俳優という両分野で活動することがすでに一般化している。韓国でも俳優や歌手が万能エンターテイナーへと進化しているといえるだろう。テレビ局の芸能プロデューサーは「俳優がバラエティーに進出し、歌手が俳優になり、俳優が歌を歌うというような領域破壊はむしろ自然なこととなった。最近になって目につくようになっただけ。日本のようになってはいけないということはない」と話した。

キム・ヒョンノク記者

STARNEWS/朝鮮日報日本語版

元記事はこちら エンタメコリア

ユリちゃんの話題でもないけれど...確かに感じている事...
ユリちゃんが演技転向した時代には...役者は役者、歌手は歌手・・・そういう枠のある時代で...
少なからず沢山の苦労と共にその枠を超え挑戦し続けてきたアイドルたち....
もちろんユリちゃんもその波に揉まれ大変な道のりを歩いてここまで来ています...
逆に言えばそういうユリちゃん達のように苦労した先輩がいたからこそ切り開けている今があるのだろうと...
日本では当たり前な事だったから当初役者転向への道を歩いていたユリちゃんにどうしてそこまで
大変なバッシングが起こるのかよくわかってなかったチョコでしたが...
今となればその理由も...芸能界の仕組みによるものだったのだと理解できます...
若い役者さんが本当に次々とドラマの世界にも誕生してきていてそのパワーも感じますが...
ユリちゃんには今27歳(韓国では28歳)という年齢に合ったそれなりの女性としての色を出してもらって
また違うものを求められるでしょう...いえ、そこが魅力だと思っています...
今や伝説のアイドル(伝説というには若すぎるけど...)であるFin.K.Lという存在が...
韓国の芸能界を揺るがしたことは紛れもない事実のようです...

ユリちゃんの今後の活躍が後輩たちの更なる道標として...きっときっと刻まれていくのかなぁ...
この記事を読みながらふとそんな思いに更けていて...^^
だからかな...次期作に更なる期待をしてしまうのは...
まだまだ魅力いっぱいの彼女の姿を見たい、見せてほしい...そんなファン心理でいるチョコなのでした...@^^@

テーマ:ソン・ユリ - ジャンル:アイドル・芸能




このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/01/13 23:26】 | #[ 編集]
チョコさ~ん

そうですよね、きっと若い人たちはユリちゃんを
見て、憧れて、そして目標にするんでしょうね。
でも私の勝手な希望ですが、スマップやトキオの
様にピンクルも個人の活動もしながら、メンバーと
歌や、踊りもあるバラエティー番組も作ってほしいね。
4人揃ったらきっとおもしろい番組になるんじゃないかしら、
それなりに場数もこなしての10年だからね。若い人たちには
ないカリスマが宿っているはず。解散してないんだし。

実現しても私見れないんだけど・・・。
【2009/01/14 00:01】 URL | なかちゃん #-[ 編集]
鍵コメさん~~

本当に...この10年間は大変な道のりだったと思います...
だけどユリちゃんの努力は間違っていなかったし素晴らしかったと...
今までがあったからこそこれからが楽しみです...いろんなユリちゃんをお披露目して欲しいですね~@^^@

なかちゃん~~~

確かに...Fin.K.Lで1番組あったら...面白いでしょうね...
それでなくても4人揃うと面白いんだから...
カリスマ溢れる4人は次いつどんな形で集まるのかなぁ...
今日ふと思ってしまいました...年に1度でもいいから...あのステージのように
共に集まって歌う姿を私たちに見せてくれるといいのになぁ...とまた欲深く考えてしまうチョコなのでした...

【2009/01/14 06:35】 URL | choco #-[ 編集]
こんにちは CHOCOさん
私は、「雪の女王」で初めてユリちゃんを見た時に何の情報も先入感もなかったので
素直に演技の上手な人だなと思いました。
だから韓国でのユリちゃんの演技評価を目にす度???・・・って感じで
そうゆうレッテルを一度貼られて評価をうけるということはとても大変な事だと思います。
わたしはギルドンは未視聴ですが、ユリちゃんの演技の評判がとてもいい様なので見るのを楽しみにしているのですが
でもまだまだ先になりそうです。
【2009/01/14 14:10】 URL | DAU #-[ 編集]
DAUさん~~~

チョコもDAUさんが思っていたのと同じで...
本当に「雪の女王」を見終わってまたもう一度見たくなって見て...
あまりの感動にユリちゃんにファンレターを書いたあの日々を思い出します。
まさか...バッシングがあったとはその頃全く思ってもいなかったので初めて目にしたときにはびっくりしました。
だからそれを超えてここまで来ているユリちゃんは本当の意味で素晴らしさを持っていると思っています。
DAUさん一度メールフォームより連絡くだされば...少しはお助けできることがあるかもしれません...遠慮なくチョコまで~~^^

【2009/01/15 06:12】 URL | choco #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat! Vol.2 -2009-, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。