Recent entries
2010/01/01 (Fri) そして...Vol.3へ...
2009/12/31 (Thu) 年の瀬を迎えて
2009/12/29 (Tue) テサム12話@KNTV
2009/12/27 (Sun) テサム第11話@KNTV
2009/12/24 (Thu) テサム第10話@KNTV
2009/12/21 (Mon) テサム第9話@KNTV

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日ご紹介した監督のインタビュー画像...
なんちゃって...になりますが翻訳してみましたので2回に分けてご紹介したいと思います^^



20090530tesamu-001.jpg

ピンクの線で囲んだ部分を本日はご紹介させていただきます~@^^@

ユ・チョリョン監督様雑誌記事~なんちゃって翻訳その1~

ユ・チョリョンPDが作ったドラマには荒くて波瀾万丈な人生がそっくり含まれている
愛と野望にすべてを賭けた男の話の<オールイン>がそうだったし,大変疲れるほど愛する4人の男女この悲劇的愛の物語の<悲しい恋歌>もそうだった。
やっとうまく進むようになれば陰謀と計略につまずかされる主人公らはそれでも最後まで歯をくいしばって勝ち抜く。
来る7月初め,初放送を控えている彼の新作<太陽を飲み込め>も例外ではない。
今度は1960年代に遡って,自身の根源を探して,皆が不可能だと話す夢を探す話だ。


先に必ず訊ねたいのがあった。前作<ヒット>のシーズン2を作ってくれという要請が殺到した.実際にシーズン2を製作する計画があるか?

ユ・チョリョン<ヒット>の作家とはずっと作るという話をした.小さくてももっとしたい話がいるといったし,ドラマが終わってMBCで会って,また行こうという話もしたのに,作家もそうで私も次のスケジュールが捕えられてしまった。
ところが後ほどもう一度してみたいジャンルだ.描いてドラマ自体もあたかもやり直しそうな状態で終わったのでシーズン2に対する未練がたくさん残ったことだ.機会になれば必ずしてみたい。

真っ最中撮影中である新しいドラマ<太陽を飲み込め>の短いシノプシスを見た.若者たちが済州道(チェジュド),西帰浦(ソギポ)を最高の都市で作るためのプロジェクトを繰り広げるという内容だったのに,事実、感がよくこない。もう少し説明できるか?

<太陽を飲み込め>が,私が演出した以前のドラマらと違う点は劇的モチーフが韓国近現代史の一事件に基盤をおいているという点だ.5.16軍事クーデター当時故朴正煕大統領が'国土建設団'を発足した。
国土建設作業をする過程で少尉と称しチンピラと兵役忌避者らを集めて,全国のダムと道路工事をさせたことだ。
ドラマはその国土建設団員に参加したチンピラ出身の男から始まる。
済州道(チェジュド)工事に投入されたこの男がそこで素朴に生きていく海女娘と妙にも短いラブストーリーを作って,それで済州道を基盤にして色々なキャラクターらが登場するようになる。

1960年代から現在まで韓国の近現代史を取り出すようになる.それでは,政治的な色もこっそり入るのか?

そうではない.もちろんドラマを見ながら,革命とか国土建設団員に対する見解が見られるが,私たちのドラマでは劇的なモチーフで活用する程度だ。
そのように長い歳月の間の人物の話に従いながらいくつかのポイントがある。
ひとまず主人公らの人生がみな劇的で波瀾万丈だ。
自身の過去にからまった根元を訪ねて行く友人もいて,とても幼かった時から育てた夢を訪ねて行く友人もいる。
不可能だと思った希望を実際に現実化していく過程を描いていく予定だ。

原作が別にあると聞いた.次期作でこの作品を選択した特別な理由があるか?

原作を書いたカン・チョルファ作家とはかなり以前から知る間だ。
今<太陽を飲み込め>はドラマ化する過程でまた手入れして,本として出版になるだろう。
原作を読んでとても興味を感じて関心を持つようになったのは,小説の中に表現されたキャラクターらの平凡でない人生のせいだった。
ひとりひとりついて行ってみるならば本当にドラマチックな人生が繰り広げられるのに,その曲がりくねった人生がまっすぐによく表現されていた。

そういえば以前作品らもそうで,主人公らが真の苦労が多い.他の人々が体験しない仕事を体験して出して,またそれを勝ち抜く.自分に与えられた運命を越えようと努めるこういう人生に関心が多いのか?


そのようだ.私が作ったドラマは本当にみな波瀾万丈な人生史が大部分だ。
他の見方をすれば日常を扱ったドラマでも単純な青春物に近付けなかったことも事実で。私たちが生きる人生がそのように単純に柔らかくないと考えるためであるようだ。


やはり...こうやって監督の生きた言葉を読むと...
テサムの世界の疑問が解けていきそうです...
波乱万丈な人生史...監督の描く世界...早く作品に会いたいですね!!!

20090215-tesamu001.jpg


テーマ:太陽を飲み込め - ジャンル:テレビ・ラジオ


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat! Vol.2 -2009-, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。