Recent entries
2010/01/01 (Fri) そして...Vol.3へ...
2009/12/31 (Thu) 年の瀬を迎えて
2009/12/29 (Tue) テサム12話@KNTV
2009/12/27 (Sun) テサム第11話@KNTV
2009/12/24 (Thu) テサム第10話@KNTV
2009/12/21 (Mon) テサム第9話@KNTV

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




チョコが見る事の多い日本語でのメディア記事に...
続々とニュースが続いて昨日はちょっぴり嬉しかったんです~~~@^^@




最近こちらのサイトは会員でないと過去の記事が見れなくなってしまって...
それならばしっかりと紹介しておきたいという気持ちが強くなって...
既報のメディアニュースではありますが...
記憶に残しておきましょう....^^

20090518-001.jpg

どうでしょう...このラインナップ...
非常にいいでしょう???しかも一番上のカンヌ映画祭の記事では...
テサムに出演するチン・グ氏が右手を上げて...ウォンビン氏と共にレッドカーペットじゃあないですか...
至福のニュース時間ですね...
ニュースランキングも好位置で...
ファンとしてたまらない瞬間を先ほど迎えておりました...

【フォト】ソン・ユリ、誘惑のサマー・ガール

20090517-001.jpg
写真提供=サイダスHQ

 ユニセックス・スタイルの高級カジュアルブランド「Aden」サマー・グラビアで、イメージキャラクターを務めているソン・ユリが話題だ。ファッション誌『CeCi』6月号に掲載されたグラビアで、ソン・ユリは魅惑のボディーラインと大人の女性の美しさを大胆にアピールしている。

20090517-002.jpg
写真提供=サイダスHQ

20090517-003.jpg
写真提供=サイダスHQ

 昨年春、チョ・インソンとのCM撮影ではキュートなヒッピー少女になったソン・ユリ。だが、今回はすっかり大人の女性に変身し、これまでとは一味違ったスタイルを披露、ファンならずとも必見だ。

20090517-004.jpg
写真提供=サイダスHQ

元記事はこちら 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

そして次は...ヒョリ姉の気になる発言...

イ・ヒョリ「恋愛に期待しても傷つくだけ」

20090518-002.jpg

 歌手イ・ヒョリ(30)が恋愛と結婚について率直に告白した。

 イ・ヒョリはこのほど、ライフスタイル・マガジン『シングルズ』6月号でインタビューに答えた。

 かつての自身について、イ・ヒョリは「完ぺきな結婚を夢見て、永遠の愛があると思っていたけれども、今はそんな幻想はありません。いつも“わたしを責任持って受け止めてくれる人がいるかも”“わたしの孤独を慰めてくれる人がかも”なんて気持ちで男性と会ってきたけれど、そんなことに期待をしても傷つくだけみたい」と語っている。

 そして、「わたしも相手の男性の寂しさや嫌なところまで全部受け止めてあげられないということが分かっているから、ただ今は友達みたいに励まし合えるくらいがちょうどいいかな。“君は悪い方向に走ったりはしないだろうけど、そばで見守っていてあげるよ”なんていう友達みたいな人のほうがいいな」とも。

 また、「いろいろやってみたいけれども、ヤン・ヒョンソクさんやパク・ジニョンさんのように才能ある後輩たちを養成する仕事もしてみたい。二人とも男性で、今そういう役割の女性歌手はいないので、わたしがその先頭に立ちたい」と将来の希望も語った。

 イ・ヒョリは同誌でインタビューだけでなく、セクシーさとカリスマ性が共存するファッション・グラビアも公開している。

カン・ヨンス記者

元記事はこちら チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版

う~~ん...ヒョリ姉のこういう恋愛感覚...本当に純真な心を今まで失うことばかり経験してきたせいでしょうね...
この世界でトップを走り続けているからこそ...公の自分と私の自分と...
両方の幸せを受けて欲しいけどそれが満たされるのは本当に難しいんだと改めて考えさせられます。
すべてを含めて今ヒョリ姉が持っている心を包んでくれるそんな勇ましいナムジャに出逢って欲しいなと切に願わずにいられません....
同じことはユリちゃんにも言えるのかな...
信頼できる...心を素直に伝えられるそれだけでどれほど救われることか...
そういう本当の意味での気立てある男性~~~世の中から立ち上がって来てほしいです....

チャン・ヒョク大変身、『ウサギとリザード』スチール公開

20090518-003.jpg
写真提供=サイダスHQ

 俳優チャン・ヒョクはこれまで演じてきた「タフガイ」から「繊細な男」に大変身を遂げつつある。

 所属事務所サイダスHQは16日、映画『ウサギとリザード』(チュ・ジホン監督)撮影真っ最中のチャン・ヒョクの姿を公開した。

 『ウサギとリザード』は、幼いときアメリカに養子に出され、23年ぶりに母国を訪問したヒロインが自身のアイデンティティーを求めて旅をするという青春ロードムービー。チャン・ヒョクはヒロインのメイ(ソン・ユリ)と知り合うタクシー運転手、ウンソルを演じている。ウンソルもまた、ワケありの男だ。

 写真のチャン・ヒョクは黒のジャンパーにジーンズ、苦悩を抱えた男の色香を漂わせ、思わず目がクギ付けになる。

20090518-004.jpg
写真提供=サイダスHQ

 これまではタフで男らしい役ばかり演じてきたチャン・ヒョクだが、「新作では繊細な心情や感性を演技で表現し、ファンや観客の皆さんに評価されたい」と宣言、注目を浴びている。

チェ・ウニョン記者

元記事はこちら edaily/朝鮮日報日本語版

そうそうチャン・ヒョク氏はチョコも最近初めて作品を見させていただいたのですが...
すごくイメージとは違ってタフガイを演じられる人なんだなって思っていたんです...
見るドラマ見るドラマ...少年のようなルックスだからかソフトな感じの男性を想像していたら
ゴツゴツした感じの役が多くて...
だからこそ今回の映画の静かな演技というのはまた一見の価値があるのかなと思います...
ユリちゃんとチャン・ヒョク氏のお二人の呼吸...
とても気になりますね...そして楽しみです!!!

話題としては既報のものが多かったのですが...
記事として残しておきたかったこともあり改めて取り上げておきました...

最後に...チン・グ氏の話題も...

ポン・ジュノ監督にフラッシュの洗礼=カンヌ映画祭

20090518-005.jpg

 ポン・ジュノ監督、キム・ヘジャ、ウォンビン、そしてチン・グら映画『マザー』チームがカンヌ国際映画祭執行委員長のもてなしを受けた。

 第62回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」に招待された『マザー』。カンヌを訪れたポン・ジュノ監督らは16日午前11時(現地時間)、カンヌのリュミエール劇場裏手にある野外ステージでフォトセッションを行った。

 ポン・ジュノ監督は『グエムル‐漢江の怪物‐』や『TOKYO!』でカンヌを訪れたことがあるため、この日はカメラを独占、フラッシュの洗礼を浴びた。また、今年初めてカンヌを訪問した「国民の母」ことキム・ヘジャやウォンビン、チン・グは興奮を隠せない様子だった。

 特に目についたのは、カンヌ国際映画祭執行委員長ティエリー・フレモー氏がフォトセッションで出迎え、応対したことだ。執行委員長がフォトセッションを訪れるのは異例のこと。フレモー氏は、3年連続カンヌを訪れたポン・ジュノ監督を手厚くもてなしたものとみられる。

 『マザー』はこの日午後2時、記者試写会で初めて公開された。

フランス・カンヌ=チョン・ヒョンファ記者

元記事はこちら STARNEWS/朝鮮日報日本語版

いい話題ですね...レッドカーペットですか...
ウォンビン氏のこの映画とても気になります...
チン・グ氏はウォンビン氏の親友の役だったということですから...
それも見てみたいですね...
カンヌでの評価も気になりますね...ユリちゃんもベニスでレッドカーペット踏めるのかな....楽しみ(^^_)ルン♪

テーマ:ソン・ユリ - ジャンル:アイドル・芸能


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat! Vol.2 -2009-, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。